【進学を諦めないで!】お金がなくてもスタディサプリを使えば塾・予備校同様に勉強できます

【進学を諦めないで!】お金がなくてもスタディサプリを使えば塾・予備校同様に勉強できます スタディサプリの使い方
スポンサーリンク

お金がなくて子どもを塾や予備校に通わせることができない・・・。

確かに今の受験システムだと塾や予備校に通わずして、いい大学に進学するのは難しいです。ですから子どもに十分な教育費をかけられないご家庭ですと「進学はあきらめるしか・・・」となるかもしれません。

しかし安心してください。今は素晴らしいオンライン学習サービスの『スタディサプリ』がありますので、お金をかけなくてもしっかりと勉強することができます!

今回はスタディサプリの紹介記事になります。

スポンサーリンク

塾や予備校に数万円かける必要はない

かつては塾や予備校の月謝として月に数万円、年間にして数十万円をかけるのが当たり前な時代でした。しかし、今の時代はそんなことありません。

月額980円で国数英理社

の5教科を学ぶことができます。

オンライン学習なので質問できないというデメリットはありますが、一流講師から全ての教科を学べるのだとしたら安いものです。

*スタディサプリのメリットについては後ほど紹介いたします。

小学4年生から高校3年生までをサポート

スタディサプリは中学4年生から高校3年生までを対象にしているので、いつからでも始めることができます。

普通の塾・予備校であれば学年が上がるごとに月謝も高くなっていきますが、スタディサプリは変わらずの980円です。年間1万円ちょっとですので、仮にスタディサプリを10年間利用したとしてもトータルで10万円ほどです。塾・予備校だと1年間で10万円は超えるでしょう。

早い時期からスタディサプリを利用することで

  • 中学受験
  • 高校受験
  • 大学受験

の対策ができます。基礎力を身につけておけば超難関校でない限り十分に合格することができます。

中堅の国立・公立大学ならスタディサプリで十分

東京大学や京都大学の超一流大学であれば塾や予備校に通うのがベターですが、中堅の大学であればスタディサプリで十分です。

それはなぜか?

  • センター試験で7~8割
  • 二次試験で6割

を取れば合格できるからです。

そしてこの点数を取ることは難しくありません。“基礎”ができていれば十分に狙える点数だからです。

基礎を勉強するのであれば、塾や予備校に通わなくてもスタディサプリで十分です。

スタディサプリのメリット

スタディサプリは月額980円とは思えないほどのサービスになります。

メリットを書くと次のようになります。

  • 月額980円で国数英理社の5教科を学べる
  • 小学4年生から高校3年生までが対象
  • 過去に戻って勉強するもよし、先へ進んで勉強するもよし
  • スタディサプリの講師は塾や予備校の看板講師を引き抜いているので実力派折り紙つき
  • 倍速再生が可能なので効率よく勉強できる
  • センター試験の過去問のダウンロードが可能
  • 国立・私立の大学入試の過去問もダウンロード可能
  • センター試験対策講座も980円の中に含まれる
  • 動画をダウンロードできるのでオフライン環境でも勉強ができる
  • AO入試・推薦入試対策講座もある
  • 小論文対策講座もある
  • 有名大学なら志望校対策講座がある
  • 勉強の基礎が学べるので公務員試験対策にも使える
  • プログラミング・Webデザインの講座まである
  • 学び直しのために社会人の利用も増えてきている

と、これで980円なの?と疑問に思うくらいの内容になっています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください→→→【小学生から社会人まで】スタディサプリの使い方・効果的な利用方法についてのまとめ

スタディサプリを1年間使った時の料金

スタディサプリは1年間利用しても1万円ちょっとです。塾や予備校に通えば1ヶ月で1万円は超えますし、1年間受けるとなると二桁万円はします。

スタディサプリの安さが際立っているのがわかると思います。

*関連記事

塾や予備校とスタディサプリを併用すれば安くできる

塾や予備校で英語、数学、国語を学ぼうものならば、月謝は3万円ほどになるでしょう。しかし、数学だけを塾・予備校で学び、英語、国語はスタディサプリで勉強する、と決めれば月謝も2万円を切ると思います。

塾・予備校とスタディサプリをうまく併用すれば教育費は安くなります。

*関連記事

おわりに

この記事では『お金をかけなくてもスタディサプリがあれば格安で勉強できます!』という提案をしてきました。

今やスタディサプリでは学校教育に取り入れられるほど認知を得てきているサービスになります。それくらい効果的なんですね。

『オンラインで学習できることはスタディサプリに、現場でしか学べないことは学校の先生に』、と時代は流れてきています。昔ながらに塾や予備校に通うのもありですが、高度経済成長時代と違いどこの家庭も気軽に教育費にホイホイとお金をかけれる時代ではありません。

せっかくテクノロジーが発達しているのですから、その恩恵を受けてみてはどうでしょうか?スタディサプリは無料体験期間もついているのでぜひ試していただければと思います。「近所の塾の費用高いな・・・」と思われるなら、迷わずスタディサプリを試してみてください。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*関連記事

コメント