【表】スタディサプリの料金をまとめてみた

スタディサプリ 入会・退会・解約
スポンサーリンク

月額980円(税抜き)で国数英理社を一流講師から学べるスタディサプリ

これだけ安いのですから、どんな人にでもお勧めできるサービスだと思い、このサイトでも何度も取り上げています。ただし、スタディサプリは月額980円ですけど、テキスト代は別なんですよね(印刷もできます)。

ということで今回の記事では、

  • スタディサプリの月額料金
  • スタディサプリを1年間利用した時の料金
  • テキスト込みの料金

について表にしてまとめてみました

スポンサーリンク

スタディサプリを1年間利用した時の金額

それでは早速スタディサプリを1年間利用した時の料金について見ていきましょう。以下の順番で書いていきます。

  1. 一覧表
  2. スタディサプリのみの料金
  3. テキストを購入した時の料金
  4. 塾との比較

ますはスタディサプのみの年間利用の値段からです。

スタディサプリの料金表

税込価格で表示します。(消費税8%)

 税抜き税込
1ヶ月の料金980円 1,058円
1年間利用したら11,760円12,700円
お得な12ヶ月契約プラン9,800円10,580円
入会金0円0円 
解約金0円0円
テキスト代(1冊:送料込み)1,111円1200円
ぶたさん
ぶたさん

入会金も解約金も0円なんだね。

とりさん
とりさん

そう。ここもスタディサプリは良心的だね。

スタディサプリのみの年間料金

それでは1つずつ詳しく見ていきます。

月額980円ですから、単純計算すると980円×12ヶ月なので、11,760円になります。でもこの料金は税抜きなので、今の消費税8%を加味すると、12,700円になります。

ただし、スタディサプリには12ヶ月契約プランもあり、それだと2ヶ月分割り引いてくれるんですね。つまり、年間9,800円(税抜き)で済むわけです。安い!

ぶたさん
ぶたさん

年間契約するとちょっとだけお得なんだ。

とりさん
とりさん

そうなんだね。返金対応もしてくれるから、安心して試せるよ。

スタディサプリのテキストの料金

スタディサプリのテキストの料金は1冊が1200円になります(送料込み)。ただ、通常の講座は前期と後期に分かれており、テキストも分かれているので、2冊必要になります。

つまり1200円×2冊なので、1講座につき2400円のテキスト代がかかります。

だから受講する講座が増えれば増えるだけ、テキスト代もかかってしまうんですね。と言っても1200円なので参考書を買ったと思えば全然高くないです。

変な比較になってしまいますが、プリンターを例に出してみます。プリンター業界は、プリンターの本体は安いのですが、インク代が高いというビジネスモデルを採用しています。

「プリンター安いじゃん!やったー!」と思っても後々のインク代がべらぼうに高いから腹が立つんですよね(╯°□°)╯︵ ┻━┻

ぶたさん
ぶたさん

これ、腹たつんだよなー。しかも黒だけやたら切れるの早いし!

スタディサプリはそんなこともなく、授業料も格安だし、テキスト代も普通の料金設定です。学生とお父さんお母さんに優しいビジネスモデルですね(`・ω・´)”

そういうところも含めて私はスタディサプリが好きですし、多くの人にオススメしています。

話は逸れましたが、例えば、英語と数学の講座のテキストを購入したとしましょう。

  1. 高3スタンダードレベル英語(文法)前期後期・・・2400円
  2. 高3スタンダードレベル英語(読解)前期後期・・・2400円
  3. 高3スタンダードレベル数学(IAⅡB)前期後期・・・2400円

これでテキスト代は計7200円になります。

これを表にすると、こんな感じです。1年間受けてもこの値段ってめちゃめちゃ安いと思います。

 料金(税込)
スタディサプリ年間料金12,700円
英語文法テキスト:前期後期2,400円
英語読解テキスト:前期後期2,400円
高3数学テキスト:前期後期2,400円
 合計:19,900円
ぶたさん
ぶたさん

表にしてみると、本当に安いんだね。普通の塾の1ヶ月分以下じゃない。

とりさん
とりさん

でしょ?スタディサプリのすごさがわかるでしょ!

「テキスト代をもっと安くしたい!」と言う方は、印刷するという手もあります。テキストの印刷法についてはこちらの記事を参考にしてみてください→→→

【スタディサプリ】テキスト(教材)の料金は?購入と印刷のどちらがいい?
スタディサプリのテキスト(教材)の値段について紹介しています。またテキストはPDFでダウンロード・印刷もすることができます。枚数が少ないものは印刷するのがお財布に優しくなります。

スタディサプリと塾との料金比較

一般的な塾だと、週2回の各90分講座で、英語と数学を選択したとすると、安くても月に2万円、1年で24万円くらいが必要になります。

しかしスタディサプリで英語と数学を選択すると、先ほど計算で出したように、スタディサプリ代が12,700円とテキスト代が7,200円なので、合計19,900円と2万円を切る料金になります!

年間で考えると、スタディサプリは塾の料金の約10分の1という破格の安さです!

1年間の利用でこの料金ですからね、安すぎるとしか言いようがありません。

お金に余裕のある方は、塾とスタディサプリを組み合わせるのもいいと思います。塾では英語と数学を学び、スタディサプリの安い料金で理科と社会を学ぶなどなど、いろいろな組み合わせができると思います。

塾の料金で国語も数学も英語も理科も社会も学ぼうとすると、金額が馬鹿にならないほど高くなってしまいます。だから上手にスタディサプリを利用すればいいのではないかと思います。

スタディサプリと塾との併用についてはこちらの記事を参考にしてみてください→→→

スタディサプリは塾・予備校・家庭教師と併用しても大丈夫?
スタディサプリは塾・予備校。家庭教師と併用できるのか? 全然できます! というか、スタディサプリは名前の通り“サプリ”ですので、塾・予備校・家庭教師の補助として有効です! もちろんスタディサプリだけでも十分すぎるほどなのですが、...

まとめ

今回の記事ではスタディサプリの1年間の利用料金について書いてみました。

12ヶ月プランで契約すると、2か月分安くなるのでさらにお得です。

またテキストの料金は1冊1,200円になります。通年講座ですと前期後期のテキストがいるので2,400円になります。それでも本屋さんで売ってある参考書と変わらない料金設定になっていますので、そこまで高くはないかと^^

スタディサプリで英語2講座・数学1講座を1年間利用すると料金はなんと19,900円と2万円を切る驚きの安さになります。

是非とも一度スタディサプリを体験してみてください。スタディサプリは安かろう悪かろうではありません。安くても一流の講師陣がそろっている最高のサービスとなっています。2週間は無料でお試しできるので、是非とも試してみてくださいね〜(`・ω・´)”

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スタディサプリは月額980円とは思えないほどのサービスになります。

メリットを書くと次のようになります。

  • 月額980円で国数英理社の5教科を学べる
  • 小学4年生から高校3年生までが対象
  • 過去に戻って勉強するもよし、先へ進んで勉強するもよし
  • スタディサプリの講師は塾や予備校の看板講師を引き抜いているので実力派折り紙つき
  • 倍速再生が可能なので効率よく勉強できる
  • センター試験の過去問のダウンロードが可能
  • 国立・私立の大学入試の過去問もダウンロード可能
  • センター試験対策講座も980円の中に含まれる
  • 動画をダウンロードできるのでオフライン環境でも勉強ができる
  • AO入試・推薦入試対策講座もある
  • 小論文対策講座もある
  • 有名大学なら志望校対策講座がある
  • 勉強の基礎が学べるので公務員試験対策にも使える
  • プログラミング・Webデザインの講座まである
  • 学び直しのために社会人の利用も増えてきている

と、これで980円なの?と疑問に思うくらいの内容になっています。

*スタディサプリ関連記事

入会・退会・解約
小学生・中学生向けスタディサプリ
勉強サプリ

自宅学習の決定版です。
低学年のうちから自宅学習の習慣をつけておけば怖いものなしになります。
◎5教科で月額980円と格安
◎講師は一流講師
◎何回でも復習が可能
◎倍速再生で効果的に学習ができる
◎ダウンロード可能
◎パソコン・スマホ・タブレットで利用可能
△質問はできない

高校生・浪人生・社会人向けスタディサプリ
スタディサプリ高校・大学受験講座

小・中学生向けとサービス内容は同じです。
スタディサプリだけで物足りなければ、塾・予備校と併用しましょう。
◎5教科で月額980円と格安
◎講師は一流講師
◎何回でも復習が可能
◎倍速再生で効果的に学習ができる
◎ダウンロード可能
◎パソコン・スマホ・タブレットで利用可能
△質問はできない

スタディサプリの魅力と勉強法についての情報を発信するサイト

コメント