脳が大きければ大きいほど頭が良いのか?脳の大きさとIQの関係性

脳の大きさとIQの関係性
スポンサーリンク

脳が大きければ大きいほど頭は良いと思いますか?
これって一度は考えたことのある話かもしれませんね。

脳科学的な見解をご紹介したいと思いますので、興味のある方はどうぞ最後まで読んでみてください。
ということで、今回の記事では『脳と頭の良さの関係性』について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

動物と脳の大きさの関係

原則として自然界では、高等動物であるほど脳は大きくなっています。
犬や猫よりチンパンジーやヒトの方が脳が大きいのは事実です。

しかし、脳が大きければ大きいほど頭が良いかと言われると、例外があると言えます。
例えば、ゾウやクジラの方が人よりはるかに大きな脳を持っています

もしかしたらゾウやクジラの方が賢いという可能性もあるのですが、一般的にはヒトの方が賢いと考えられています。
脳が大きいからといって、知能が高いとは言い切れないのです。

もしかしたらここでこう考えるかもしれません。
「ヒトは体の割に脳が大きいのではないの?」

とても鋭い指摘です。
ヒトの脳は体重の38分の1を占めます。

これに対して、ゾウは500分の1、クジラは2500分の1です。
「ほらやっぱり!だから人間の脳は体の割に脳が大きいから賢いんだ!」
と思われるかもしれません。

しかし、ネズミでいうと脳は体重の28分の1と、ヒトより多くの割合を示します(小さな動物ほど脳が体重に占める割合は大きい傾向があります)

脳と体重の関係性

脳と体重の関係性を調べたアリゾナ大学のキャルダー博士は『脳の重量は体重の0.75乗に比例する』という規則性を発見しています。
つまり、動物の体重が分かれば脳の重量を計算できるのです。

しかし、この規則性に当てはまない動物がいます。
それが『ヒト』です。

つまり、ヒトと同じサイズの動物と比べた時に、ヒトの脳はとても大きいということです。

スポンサーリンク

人の脳の大きさとIQの関係性

今までは動物同士で比べてきましたが、今度は人同士を比べてみましょう。
IQ(知能指数)と脳の大きさは関係性があると思いますか?

カリフォルニア大学のナール博士らの研究によると、わずかだけど脳の大きな人ほどIQが高いことがわかりました。
脳の部位でも『大脳皮質』が厚いほどIQが高いことがわかり、さらに、大脳皮質でも『前頭前野』と『後側頭葉』がIQに関係があることを突き止めています。

つまり、『脳』と『IQ』には関係性があることがわかったのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事は『脳と頭の良さの関係性』について書いてきました。

脳の大脳皮質が厚くてもIQが高くない人がいるということも分かっているので、脳の大きさが全てとは言い切れません。(パソコンでいうならば、どれだけハイスペックのパソコンを持っていようとも使い方が微妙ならば宝の持ち腐れです)

それでは簡単にまとめをします。

  • 高等動物であるほど脳は大きくなっている
  • 脳が大きければ大きいほど頭が良いかと言われると例外がある
  • 脳の重量は体重の0.75乗に比例するという規則がある
  • この規則性に当てはまない動物が『ヒト』
  • わずかだけど脳の大きな人ほどIQが高いという結果がある
  • 大脳皮質の『前頭前野』と『後側頭葉』がIQに関係がある

本日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

追記:ちなみに頭が良いからといって、人生が成功するとは限りません。
学生の間では『頭が良い=最も素晴らしい』という価値観があるかもしれませんが、そんなことないんですね。

人生を成功させるために最も必要なことは『やり抜く力』になります。
やり抜く力の大切さについては『自立した子供を育てるために子育てで知っておきたいこと』で詳しく書いているので、参考にしてみてください。

こちらの記事もどうぞ

1.子育ての前に知っておきたい→オススメ教育関連サービス・本・おもちゃ


2.受験生なら一度は試してみたいサービス→【スタディサプリの凄さ】これが昔にもあれば1ランク上の大学に合格できた!


3.英語の勉強を楽しく継続したいなら→スタディサプリENGLISHを使ってみたのでレビュー。オススメできる理由は?


メルマガを始めています。

子育てや勉強法などなど教育系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*