-able,-ibleなどまぎらわしい形容詞がわかるぞ【スタディサプリ高3スタンダードレベル英文法(形容詞)】

スタディサプリ高3英文法スタンダードレベル
本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

スタディサプリ高3スタンダートレベル英語、文法編の(第19講 形容詞)を受けました。関正生先生の授業が神分かりやすかったです。

この動画を見ると、

  • 形容詞の限定用法と叙述用法
  • -able,-ibleの訳し方

が、ガッツリ分かりますので、ここを苦手としている人は受けてみてください。以下では学んだことを簡単にメモしていきます。

講座を受けようか迷っている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1  形容詞の2用法

まずは形容詞の2用法からみていきます。

1.1  限定用法と叙述用法

形容詞の2用法は、

  1. 限定用法:名詞を修飾する(名詞の前に置く)
  2. 叙述用法:補語になる(名詞の前に置いてはダメ)

です。

 

で、基本的にほとんどの形容詞は限定用法でも叙述用法でも使えます。しかし、限定用法のみにしか使えない形容詞、叙述用法のみにしか使えない形容詞もあります。

✅限定用法のみ↓

  • live
  • only
  • solo
  • mere
  • elder
  • former
  • latter
  • main

など

 

✅叙述用法のみ↓

  • alike
  • alive
  • alone
  • asleep
  • awake

など。

1.2 限定用法と叙述用法で意味が異なる形容詞

やっかいな形容詞が、限定用法と叙述用法で意味が異なる形容詞です。

 限定用法叙述用法
certainある確かな
present現在の出席している
late遅れている
able有能な〜できる(be able to〜)

 

2 意味に気をつけたい形容詞

続いて、意味に気をつけてい形容詞についてみていきましょう。

2.1 -able,-ibleの特徴

forgetfulとforgettableの違いはわかるでしょうか?難しいですよね。

-able,-ibleの特徴は、

  1. 可能「〜できる」
  2. 受動「〜される」

の2つの意味で訳します。で、特に重要なのが『受動』のほうです。-able,-ibleで困ったら受動で訳してみましょう。

 

で、これ以外の形容詞の語尾をみた場合は『能動』で訳すとうまくいきます。これを使えば単語を覚えるときに役立ちます

2.2 まぎらわしい形容詞を整理すると

-able,-ible以外の形容詞は、とりあえず『能動』で訳していきましょう。

 能動「〜している」受動「〜されている」
forgetforgetful
忘れっぽい
forgettable
印象に残らない
respectrespectful
敬意を示す
respectable
立派な
envyenvious
嫉妬している
enviable
嫉妬されるぐらい良い
regretregretful
残念に思っている
regrettable
残念な・悲しむべき

ここで気になるのが、「-able,-ible以外の語尾のニュアンスの違いってなんなん?」だと思います。けれどここを学ぼうと思うと、大学院での研究が必要となるくらいに深いので、スルーするのが吉です。受験生は-able,-ibleは可能か受動で訳す、とだけ覚えておきましょう。

おわりに:-able,-ibleは『受動』で理解しよう

さらに詳しい説明は関正生講師の『スタディサプリ高3スタンダードレベル英語、文法編 第19講 形容詞』を受けてみてください。

この動画で覚えておきたいことは2つです。

  1. 形容詞の限定用法と叙述用法
  2. -able,-ibleの訳し方

この辺りの知識があやふやな方は、ぜひこの講座を受けて苦手意識をなくしてみてください。参考までに。それでは!

 

コメント