こんな危険な教師がいるの?モンスターティーチャーランキング

モンスターティーチャー
スポンサーリンク

モンスターティーチャーという言葉をご存知でしょうか?

先日、尾木ママが出演しているテレビを観てびっくりしたのですが、最近では危険な先生のことをモンスターティーチャーと呼ぶそうです(もちろんごく少数でしょうが)

子どものいじめに関与しない先生や教育委員会もあることですしね・・・。
『先生に任せていたら安心』という考えは、捨てたほうがこれからの時代は良いことでしょう。ということで、今回の記事では『モンスターティーチャーは一体どんなものなのか?』について、尾木ママがおっしゃってたことを簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

モンスターティーチャーランキング

昔の記事で『教師は多忙すぎるのだから、子育て(教育)を教師に任せっきりにするのはやめよう!」的な記事を書いたのですが、今回の記事は全く教師を擁護する気のない記事です。

以下に紹介する教師が子どもの担任になったのであれば、一刻も早く学校側に抗議しましょう。
教師になってはならない人種も、ある一定以上はいますからね。
子どもにとって害悪にしかならない教師は一刻も早く教育現場からさってもらわなければなりません。

ひどい言い方のように感じられるかもしれませんが、この記事を読んでもらえたら分かってもらえると思います。

第5位:自己中心型教師

生徒への指導ではなく、自分の出世を一番に考え、授業や指導をおろそかにする教師のことです。

例えば、

  • 授業を自習にして自分の勉強をする
  • 校長や教頭などの上からの評価を高めるため、授業を休み研修に行く
  • 生徒にお金をあげて、テストの採点をしといてと頼む

などです。

第4位:常軌逸脱型教師

世の中の常識・非常識の判断がつかなかったり、教師としての自覚があまりにも足りない教師のことです。

例えば、

  • 海外にサッカー観戦しに行くため、数日間無断欠勤
  • 修学旅行中、校長を含む5人の教師が別のツアーに参加
  • クラスの資料をコンビニのゴミ箱に捨てる(住所や電話番号などが載っている)

などです。

第3位:過剰ペナルティ型教師

生徒の問題行動にして異常な罰を与える教師のことです。

例えば、

  • 給食を残した生徒に、罰として素手で食べるように強要
  • サッカーの練習で、シュートを外した生徒に全裸でランニングを強要
  • いじめた生徒の罰として、鳥インフルエンザ流行中に鳩の死骸を素手で埋めるよう強要

などです。

生徒に対しての適切な叱り方・罰の与え方が今の教育界で問題になっていることです。
というのも、今ではすぐに『体罰!』と親御さんから苦情が出るからです。
頭をコツンとしても体罰、廊下に立たせても体罰、教師は生徒に対して効果的な『叱り方』が見出せていません。

3つ目の鳥の死骸を素手で埋めるように強要したのも、体罰はダメだからということで、苦肉の策で教師が考え出したものなのかもしれません。
過剰な体罰はもちろんダメですが、『体罰』というものを見直さない限り、子どもへの罰が甘くなりすぎて、『罰が罰にならない』ままの現状が続くでしょう。

第2位:セクハラ型教師

教師としての立場をわきまえず、生徒に性的な欲求を求める教師のことです。

例えば、

  • 女子生徒の帰りを待ち伏せ
  • 無意味に家庭訪問に行く
  • 新しいユニフォームのサイズを測るからと、着替えさせ目隠しして個人のカメラで撮影
  • 発育状況の検査として、男性教師が男子生徒の男性器を見たり触ったり

などです。

ストーカー相談の中では、「先生にストーカーされた」という相談は多いそうです。
教師のストーカー問題が深刻なのは、教師のストーカー癖が治らないので、相談した子は救えても、他の生徒がターゲットになるそうです。(これはクビでいいでしょ・・・と僕は思います)

子どもが好きという要素は教師になるためには必要なことですが、それが歪んでしまったら大変なのですね。

第1位:逸脱授業型教師

社会的モラルの欠如から、異常な授業をしてしまう教師のことです。(本人はいたって真面目にやってるつもり)

  • 理科の授業中に『呼吸』を説明するため、生徒の首を絞める
  • 算数の例題として、「8人から3人を殺したら残りは何人?」と出題

などです。

今回紹介したモンスターティーチャーは教師全体の3%以下にすぎません。
だから『教師=悪いやつ』なんて思わないでくださいね。

しかし、実際にそういう教師もいるということを知った上で、親御さんはお気をつけください。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回の記事では『モンスターティーチャーは一体どんなものなのか?』について書いてきました。
恐ろしい教師もいるもんですね・・・。
こんな教師が我が子の担任になるかと思うと心配でなりません。

最初は真面目な人でも『クラスの支配者』を続けてるうちに感覚が麻痺して、独裁者のようになってしまう人もいるそうです。権力を持った途端、人が変わってしまう人っていますもんね。
親の皆様はどうぞお気をつけください。

簡単に記事をまとめると、モンスターティーチャーには以下のような教師がいます。

  • 自己中心型教師
  • 常軌逸脱型教師
  • 過剰ペナルティ型教師
  • セクハラ型教師
  • 逸脱授業型教師

教師の方々は自分がモンスターになってないか、自問自答してみてください。
本日も最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。

まとめ記事はこちら

 


このサイトの記事をまとめています。


1.【小学生から社会人まで】スタディサプリの使い方・効果的な利用方法についてのまとめ


2.科学的に根拠のある勉強法についてまとめてみた


3.【まとめ】英語の勉強法について


4.あんた誰だよ?ということでプロフィールページになります


メルマガを始めています。

子育てや勉強法などなど教育系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*