塾に入るのは嫌?それならスタディサプリで自宅学習がオススメ

スポンサーリンク

塾が苦手なら 自宅でスタディサプリ

塾に入るのって緊張しませんか?

友達がいない塾に入ってもなんだか寂しいし、ほかのグループができてるし・・・。
それに塾に通ってる人って頭良さそうで、ついていけないかも・・・

そんな不安を抱えている学生の方も多いと思います。

そうならば、自宅でできるスタディサプリをこのサイトではお勧めしています。

スポンサーリンク

塾とスタディサプリはどちらがいい?

スタディサプリはもうご存知の方も多いと多いますが、一応簡単に紹介すると、

  • 月額980円で国数英理社を学べる
  • 安くても講師は超一流
  • パソコン・スマホ・タブレットで学習できる動画講義
  • 動画講義なので、巻き戻し、一時停止、早送りも可能
  • 大学受験対策もある

などなど、すっごく便利なサービスとなっています。(だからこそオススメしています。)

講師を比較

東進衛星予備校とか代々木ゼミナールなど超一流の予備校と比べると、見劣りするかもしれませんが、それでもスタディサプリの講師も超一流です。

自宅の近くにある塾の講師よりは断然指導法はうまいはずです。

値段を比較

ここがスタディサプリの最大のメリットで、塾とは比べものにならないくらい安いです。

なんたって、月額980円(税抜き)ですからね。
塾だと3教科も受講すれば、月に数万円が飛んでいきます。

スタディサプリは年間で1万円くらいですからね^^

人と接するのが苦手ならスタディサプリ

例えば、高校2年生くらいからいきなり塾に入るのって、ちょっと敷居が高いと思います。
塾にもグループとかがありますからね。

中学生の時から同じ塾に通い続けてるのであれば、友達ばっかりで塾に行くのが楽しいはずですが、途中からだと精神的にあまり良いものではないと思います。

勉強のストレスもあれば、塾での精神的ストレスも加わったら勉強に集中できるわけがありません。
社交的な人は問題ないでしょうが、友達を作るのが苦手な方は、スタディサプリをやってみてはどうですか?

塾との併用も可能

スタディサプリはなんと言っても安いので、塾との併用も可能です。

塾では数学と英語だけをとって、残りの国語、理科、社会はスタディサプリで勉強するなどができます。
塾でたくさんの教科を受講するとどうしても高くなってしまうので、こういった使い方がいいと思います。

塾が遠いならスタディサプリ

塾が自宅に近いなら移動時間がかかりませんが、遠いなら往復で考えるとすごく時間がかかります。

それって“時間の無駄”ですよね。
移動にたっぷりと時間を使うくらいなら、自宅でスタディサプリで勉強した方がはるかに効率的です。

塾で遅くなると栄養状態が

塾の時間が遅いと、コンビニで軽く食べて塾で勉強するのが、“当たり前”のように感じるかもしれません。
でもコンビニで食べるモノって栄養価は高くないですよね?

僕たち人間は食べるものによって体が作られます。
脳も例外ではありません。

しっかりとした栄養を摂取してこそ脳が作られ、勉強ができるというものです。
コンビニでインスタント系のものを食べてばかりでは、脳みそまでインスタントなものになってしまいます(´・ω・)

それにコンビニで買い食いばかりしていては、お金もかかります。

そうであるならばスタディサプリでいいのでは?と思います。

一人で勉強できないなら塾

スタディサプリは動画講義なので、どうしてもスマホやタブレットの前で一人で勉強することになります。
「一人で勉強できない!」というのであれば、塾に通った方がいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では『スタディサプリのメリット』について書いてきました。

塾もスタディサプリもそれぞれメリット・デメリットがあります。
でも総合して、『スタディサプリの方がメリットが多い』というのが、このサイトの見解になります。

まぁ合う合わないは個人差になるので、是非どちらも試してみてください。
スタディサプリは1週間は無料のお試し期間があるので、気軽にやってみてもらえたらなと思います。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*スタディサプリ関連記事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

1.子育ての前に知っておきたい→オススメ教育関連サービス・本・おもちゃ


2.受験生なら一度は試してみたいサービス→【スタディサプリの凄さ】これが昔にもあれば1ランク上の大学に合格できた!


3.英語の勉強を楽しく継続したいなら→スタディサプリENGLISHを使ってみたのでレビュー。オススメできる理由は?


メルマガを始めています。

子育てや勉強法などなど教育系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*