日光プラス30分間の運動で睡眠の質を高め勉強の効率を上げよう!

スポンサーリンク

睡眠の質を上げ、 勉強効率をアップする方法

机にかじりついて勉強ばかりするだけの生活は、ちょっときついです(´・ω・)

1週間くらいであればそれでも良いでしょうが、長い受験勉強期間で考えると適切ではありません。
勉強ばかりの生活では、精神的にもまいってしまい、勉強効率も落ちてしまいますから。

ということで、勉強効率を上げるための方法についてご紹介したいと思います(`・ω・´)”

スポンサーリンク

勉強効率を上げるため、脳内物質の『セロトニン』を!

脳内物質の1つに“セロトニン”と呼ばれるものがあります。

セロトニンが不足すると

  • 不眠症
  • 依存症
  • 鬱状態

になりやすいことが分かっています。
だからセロトニン不足には気をつけなくてはいけません。

セロトニンを増やすための食事

体内でセロトニンを作るための材料としては“トリプトファン”が含まれている食品を摂取することが望ましいです。

「トリプトファンってどんな食材に多く含まれてるの?」ですが、

  • 豆類
  • 乳製品
  • アーモンド
  • ひまわりの種
  • 牛肉や豚肉などの赤身肉

などに多く含まれています。

体ではトリプトファンを材料に、脳や腸でセロトニンを作ります。

セロトニンからメラトニンへ

そしてこのセロトニンは、夜になると“メラトニン”という物質に変わります。
メラトニンは『睡眠ホルモン』と言われ、眠りを深くする作用があります。

メラトニンが不足すると睡眠の質が悪くなるので、勉強はもちろんのこと、体に様々な悪影響を与えます。
逆に言えば、メラトニンの量を増やすことで、睡眠の質は高くなり、「朝起きるとスッキリ!」と良い1日のスタートを切れるわけです(=゚ω゚)ノ

セロトニンの大切さが分かっていただけだと思います。

トリプトファンをセロトニンにするために必要なもの

実を言うと、トリプトファンをセロトニンに変えるために必要なものが2つあります。

それが、

  1. 適度な日光
  2. 30分程度の軽めの運動(有酸素運動)

の2つです。

受験勉強で部屋にこもり気味だと、日光不足になり、トリプトファンがセロトニンに変換されません(´・ω・)
そうなると、睡眠の質が悪くなっちゃうんですね。

それと、運動も必要です。
特に、「30分間の軽い運動は、抗うつ剤よりも効果がある」とも言われていたりするので、運動習慣は心がけておいたほうがいいです。

セロトニン合成以外にも、運動することは“脳の機能を高める”ので、受験生は特に生活の一部に取り込んだほうがいいと思います(`・ω・´)”

スポンサーリンク

まとめ

この記事では『睡眠の質を上げる方法』について書いてきました。

学生にとって、特に受験生にとっては『睡眠の質』はすごく重要なものになります。
睡眠の質が高くないと精神的にも安定しませんし、“記憶の定着”も悪くなり、結果として「勉強しても成果につながらない・・・だから睡眠時間を削って勉強だ!」のような悪循環に陥ってしまいます。

勉強のためには健康も意識したほうが良いです。
そのほうが勉強効率が上がりますからね^^

ということで、

  • 日光に浴びること
  • 30分間の軽い有酸素運動をすること
  • トリプトファンが多く含まれる食事を摂ること

の3点に気をつけてみてください(`・ω・´)”
今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*勉強法関連記事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

1.子育ての前に知っておきたい→オススメ教育関連サービス・本・おもちゃ


2.受験生なら一度は試してみたいサービス→【スタディサプリの凄さ】これが昔にもあれば1ランク上の大学に合格できた!


3.英語の勉強を楽しく継続したいなら→スタディサプリENGLISHを使ってみたのでレビュー。オススメできる理由は?


メルマガを始めています。

子育てや勉強法などなど教育系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*