no 比較級 than~が分かるぞ【スタディサプリ高3スタンダードレベル英文法(比較2)】

スタディサプリ高3英文法スタンダードレベル
本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

スタディサプリ高3スタンダートレベル英語、文法編の(第16講 比較2)を受けました。関正生先生の授業が神分かりやすかったです。

この動画を見ると、

  •  lessのイメージ
  • veryとmuchの違い
  • no 比較級 than~の訳し方

が、ガッツリ分かりますので、ここを苦手としている人は受けてみてください。以下では学んだことを簡単にメモしていきます。

講座を受けようか迷っている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1  lessのイメージ

まずは lessのイメージをつかんでいきましょう。

1.1  lessは≒not

 lessは「少ない」というイメージがありますが、これからは『less≒not』のイメージを持ちましょう。

1.2  less A than B

less A than Bは普通だと『Bより少ないA』と訳しますが、『less≒not』のイメージを使って『AではなくてB』というふうに訳せます。不等号を使うと『A<B』というイメージです。

 

You are less likely to gain weight in summer than in winter because you tend to lose your appetite when it is hot.

このような少し長い文を見た時に『Bより少ないA』と訳していたら、頭がこんがらがっちゃいます。ですからless≒notと考えていくと前からどんどん訳せます。『夏は冬より太らならそう、なぜなら暑いと食欲が落ちるから』という感じに。

2 veryとmuchの違い

続いて、veryとmuchの違いについてみていきます。

2.1 veryとmuchの違いを表にすると

veryとmuchはどちらも強調で使うのですが、使い方が異なります。

 verymuch
原型very good使えない(much goodはダメ)
比較級使えない(very betterはダメ)much better
最上級使えない(very the bestはダメ)
the very bestはOK
much the best

ややこしいですね😱

とりあえず比較級や最上級で『強調』したいときは、muchと覚えておきましょう👍

3 ラテン比較級

続いて、ラテン比較級についてみていきます。

3.1 ラテン比較級はthanではなくてto

  • be superior to ~「~より優れた」
  • be inferior to ~「~より劣った」
  • be senior to ~「~より年上」
  • be junior to ~「~より年下」
  • prefer A to B「BよりAが好き」
  • be preferable to ~「~より好ましい」
  • prior to ~「~より前に」

こういうのをラテン比較級と言います。で、この比較級はthanではなくtoを使います。

4 the + 比較級

続いて、the + 比較級についてみていきます。the + 比較級は3つのパターンがあります。

4.1 the 比較級 of the two

the + 比較級 of the two 「2つのうち、比較級な方」というように、選択肢が2つある時にthe + 比較級が使われます。(3つ以上の場合は、普通に『the 最上級』)

例↓

  • My brother is the taller of the two.「兄は,その2人のうち,背が高い方です」

4.2 all the 比較級 for ~ /all the 比較級 because ~

  • all the 比較級 for ~  
  • all the 比較級 because ~

「〜なので、その分だけますます比較級だ」

例↓

  • I like him all the better for his faults.「欠点があるからなおさら私は彼が好きだ」

4.3 The 比較級 sv, the 比較級 SV

  • The 比較級 sv, the 比較級 SV 「svすればするほど、SVだ」

例↓

  • The older he grew, the poorer his memory became.「年をとればとるほど,記憶力は衰えていった」

5 no 比較級 than~

続いて、no 比較級 than~ついてみていきます。第16講のメインです。

5.1 no 比較級 than~のカタチを見たら矢印2つ

「no 比較級 than~のカタチを見たら矢印2つをひくこと」と関講師は、おっしゃいます。

noから、

  1. 比較級に1つ目の矢印
  2. than以下に2つ目の矢印

を引きます。

 

矢印を引いたら、次に訳を確認しましょう。

  1. 比較級に1つ目の矢印→逆の意味
  2. than以下に2つ目の矢印→〜と同じ

 

例文で確認してみましょう↓

  • He is no more intelligent than a monkey.

noから矢印を引きます↓

  1. more inteligent
  2. than a monkey

 

次に訳を考えます↓

  1. more inteligent→逆の意味なので『頭が悪い』
  2. than a monkey→〜と同じなので『猿と同じ』

よって、この文は『彼は猿と同じくらい頭が悪い』となります。

 

いわゆる、これがクジラの構文と言われるやつですね。

A whale is no more a fish than a horse is .

「クジラは魚じゃないよ、馬と(馬が魚じゃないのと)同じようにね」

おわりに:no 比較級 than~の解説が神

さらに詳しい説明は関正生講師の『スタディサプリ高3スタンダードレベル英語、文法編 第16講 比較2』を受けてみてください。

この動画で覚えておきたいことは2つです。

  1.  lessのイメージ
  2. veryとmuchの違い
  3. no 比較級 than~の訳し方

「 no 比較級 than~は苦手!」と思っている人は、ぜひこの講座を受けて苦手意識をなくしてみてください。参考までに。それでは!

 

コメント