勉強では『赤色』を使わない方がいいかもしれない理由

スポンサーリンク

勉強には赤色は 使わない方がいいかも?

「大事なところには赤線をいれる」

なぜか分からないけれど、勉強の時は『赤色』がめちゃめちゃ使われます。
重要な箇所の色つけもそうだし、テストの丸つけもです。

当たり前のように使われている赤色ですか、本当は使わない方が良いのかもしれません。
今回の記事ではそんなことについて書いていきます。

スポンサーリンク

赤色のグループは成績が悪くなる!?

高校生が次のような実験に参加しました。(出典→Color and psychological functioning: the effect of red on performance attainment.

高校生を3グループに分けてテストを解いてもらいます。
それぞれのグループに渡すテストの表紙に仕掛けがあって、表紙のタイトルの背景色がグループで違います。

  1. 背景色が赤
  2. 背景色が緑
  3. 背景色が灰色

の色違いが、それぞれのグループに配られました。

実験ではまず“2秒間表紙を見るように”と伝え、その後すぐに問題を解いてもらいます。

その結果・・・

背景色が緑と灰色のグループでは成績に差がありませんでしたが、背景色が赤色のグループは点数が低かったのです!!

なぜ赤色だと点数が悪くなるのか?

なぜ赤色だと点数が悪くなると思いますか?

一般的には“赤は戦いの色!”と思われているので、テスト前にはもってこいの色のような気がしますが・・・。

『赤色』についてはこちらの記事を参考にしてみてください→→→

スポーツの世界では赤色の服を着用すると、勝率が上がることが知られています。
普通に考えると、赤色でも青色でも勝率は五分五分になるはずです。

しかし、赤色の方が勝率が良いことが判明しています。

その詳細な理由はいまだに分かっていませんが、1つの理由として

「赤色を身につけた人が強くなるんじゃなくて、赤色を見た人が弱くなるんじゃね?

ということです。

まぁ赤といえば、

  • 血の色
  • サイレンの色

と、なんとなーく「危険信号を発している色」な気がします。
だから赤色を見ると「なんかやばそうだから避けよう」的な心理が働くのかもしれません。

そう考えると「この問題難しそうだから、解くのやめよう」と、チャレンジ精神を弱めるのかもしれませんね。

赤色の部屋だと集中できないよね

ペンで考えずに、部屋で考えてみてください。
赤色の部屋って勉強に集中できますか?

できないですよね?

勉強に使うなら何色がいい?

「赤色は使わない方がいいとしたら、何色を使った方がいいの?」

これは好みで決めたらいいと思います。
それに赤色が好きなら、赤色でもいいとは思います笑

集中力が増す青色

集中力に良いとされるのが青色です。
気持ちを落ち着かせる作用もあるとされているので、受験勉強にはもってこいな気がします。

僕も好んで使う色が青です。

リラックスなら緑色

自然の色だからリラックスできると言われる緑色。
これも僕が好んでよく使う色になります(`・ω・´)”

気持ちを暖かくさせる黄色・オレンジ

気分を明るくしたいなら、暖色系の黄色・オレンジです。
ただし、黄色のペンは見づらいのでオレンジがオススメです。

黄色はマーカーってイメージがありますね( ´∀`)

スポンサーリンク

まとめ

この記事では『赤色は勉強に不向きかも』について書いてきました。

こんな記事を書いておきながら、僕は気にせず赤色を使っています笑
特に赤にこだわりがあるわけではないのですが、なんとなく赤色を習慣で使っています。

多分そこまで気にする必要はないんじゃないかなー?くらいに思っているので、僕と同じようにあまり気にならないのであれば、普通に赤色を使ってください。
でも、「ちょっとでも勉強効率を上げたいんや!」と考えるのであれば、赤は避けた方が賢明かと思います!!

自分のスタイルを確立してみてくださいね!
今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*関連記事

こちらの記事もどうぞ

1.子育ての前に知っておきたい→オススメ教育関連サービス・本・おもちゃ


2.受験生なら一度は試してみたいサービス→【スタディサプリの凄さ】これが昔にもあれば1ランク上の大学に合格できた!


3.英語の勉強を楽しく継続したいなら→スタディサプリENGLISHを使ってみたのでレビュー。オススメできる理由は?


メルマガを始めています。

子育てや勉強法などなど教育系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*