【気になる話】木綿(もめん)豆腐と絹ごし豆腐の違いって何?

木綿(もめん)豆腐と絹ごし豆腐の違いって何? おもしろい
スポンサーリンク

このページでは「これってなんで?」な話を紹介したいと思います。

それでは早速、「木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いはなんでしょうか?」

考えてみてください〜。

下にすぐに答えを書いちゃいますので、ここでしっかりと頭を使ってみてください!

ぶたさん
ぶたさん

知らない!固さ・・・

とりさん
とりさん

もうちょっと具体的に!

小さい子どもから高齢者の方々まで一緒になって考えれる“気になる話”だと思いますので、幼稚園・保育園・クイズ大会・デイサービス・老人ホームなどでもお使いください。

スポンサーリンク

木綿豆腐と絹ごし豆腐は『水分量』が違う

豆腐の作り方は、

  1. 水に浸した大豆を小さく砕く
  2. 煮たものをおからと豆乳に分ける
  3. 豆乳ににがりを入れて固める

木綿豆腐も絹ごし豆腐もここまでは一緒です。

固まった豆腐を型箱に入れ、重石をのせて水分を抜くときに木綿の布でこしたものが『木綿豆腐』。布を使わずに豆乳を凝固剤でそのまま固めたものが『絹ごし豆腐』になります。

水分量の多い絹ごし豆腐の方が口当たりが柔らかくなります。

作り方はこちらの動画が参考になります。

ぶたさん
ぶたさん

おもしろい!!

とりさん
とりさん

手作り豆腐を作ってみるのも楽しいね!

おわりに

“気になる話”をお届けしました^^

気になる話のいいところは、子どもから高齢者まで一緒になって考えれるところです。ぜひぜひ、みんなで頭を使って考えてみてください!

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*興味深い話関連記事

コメント