3歳までに絵本1万冊の読み聞かせ【佐藤ママの子育て方法】

スポンサーリンク

佐藤ママの記事がありました。

東大理IIIに子ども4人合格させた佐藤ママに、パパも驚嘆? 「よくこんなメソッド考えたね」 〈週刊朝日〉
 昨春、末っ子の長女が、3人の兄と同じ東大理IIIに合格。「子どもが大学に合格するまでは全力でサポートする!」と決めていた佐藤ママこと佐藤亮子さんは、合格発表日に掲示板の前でうれし泣きする娘の姿を見て...

著書でも書かれてることですが、3歳までに1万冊の絵本を読み聞かせたそうです。なんでそんなことを思いついたかというと、公文がきっかけだそうな。

公文に初めて行ったときに、「うた200、読み聞かせ1万、賢い子」という幼児教育のスローガンを知りました。わが家では「3歳までに絵本の読み聞かせ1万冊、童謡1万曲」を実践することにしました。絵本も童謡も、親の声で読んだり、歌ったりすることにこだわりました。

これで子どもたちの感性が豊かになっただけでなく、親にも影響を与えたとのこと。

母:絵本と童謡によって教養が身についただけではなく、結果として学校の勉強にも役立ちましたね。子どもたちの反応が楽しくて、私にとっても絵本を読み聞かせたり童謡を歌ったりした時間は至福の時でした。

父:本当に楽しい時間だったね。子どもだけではなく、親の人生も豊かになったように思う。

子の成長は親の楽しみですからねぇ。

 

佐藤ママは子ども4人に1万冊の読み聞かせをやったとのことですので、4万冊読んでるんですな笑。すごいですわ。

 

絵本のカウント数ですが、同じ絵本でも2回読んだら2冊カウントします。1万冊と聞くとビビりますが、子ども向けの絵本はすぐに読み終えることができますので、そこまで大変じゃないと。(いや、大変だとは思います。“そこまで”ということです)

 

佐藤ママから学ぶ勉強できる子供の育て方>

コメント