研究で分かった『子どもを優秀に育てる方法』とは?

天才児 育てる子育て
スポンサーリンク

ヴァンダービルト大学の研究者、カミラ・P・ベンボウ氏とデヴィッド・ルビンスキ氏が継続している研究がありまして、なんと47年間にも及ぶ研究成果になります!

なんの研究かというと「才能ある子どもの研究」になります。

「じゃあ才能のない子どもには関係ない話なの?」というと、そうではありません。

しかし、ここで「わが子には関係ない」と落胆してはいけない。今からご紹介するのは、エリート養成マニュアルではないのだ。
研究で得られた知見に基づき、すべての子どもに対して何かを成し遂げることを促すための7つの方法がまとめられている。筆者は、起業家かつリーダー、そして子どもの親として、その内容におおいに共感を覚えた。

よくある話そうなのですが、とりあえず見てみましょう!

スポンサーリンク
  1. 多様な経験をさせよう
  2. 挑戦させよう
  3. 能力ではなく、努力を評価しよう
  4. 才能より成長が大事
  5. 興味を伸ばそう
  6. 賢い子どもにも、導きは必要
  7. 教師と協力してプランを立てよう

よくある話っぽいのですが、6の『賢い子どもにも、導きは必要』というのが興味深いですね。

この『導き』というのは、親がやらなくてもいいです。

むしろ、親の役目は“良い指導者”を見つけてあげることかもしれません。

プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が松岡修造氏に出会えたように・・・笑

子どもが興味を持っている対象のプロの方に合わせることができたら最高ですね。それが良い刺激となり、さらに興味ある対象に打ち込んでいくことでしょう。

ぶたさん
ぶたさん

どうやって指導者を見つければいいの?

とりさん
とりさん

今の時代はネットがあるから、自分の住んでいる地域で検索をかければいろんな指導者が見つかるはずだよ。たくさんいる指導者の中から、自分の子どもに合いそうな指導者を選び出すのが親の役目かもしれないね。

ガチで子どもを一流にさせたいならこちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

子どもを一流に育てるためにはどうしたらいいのか?
「我が子を一流にしたい」 この気持ちは親であれば一度は願うことなのではないでしょうか。 『一流・天才を育てる方法』と...

*教育関連記事

コメント