半年間で東大を目指す『ドラゴン堀江』がおもしろい!

ドラゴン堀江 東大 受験対策
スポンサーリンク

AbemaTVで『ドラゴン堀江』なるものが放送されています。半年間で、ホリエモンこと堀江貴文さんと、人生逆転を狙っている3人が東大を目指す企画です。

 

かなり多くの受験生にとって参考になるんじゃないかなーと思います。ですが、受験期にテレビを見るのもなんですので、重要そうなところをこのページにてまとめていきます。

スポンサーリンク

東大合格には国語力が大事

堀江さん曰く「国語力がめっちゃ大事!国語力が最重要!」と言っています。なぜかというと、国語力がなければ本を読めないからです。(教科書や参考書を理解できないってこと)

 

この企画の実現にあたり、東大を目指す3人は国語力がありそうな人が選ばれております。といっても、3人ともセンター試験の点数が500点に満たなかったので、「秀才!」という人たちではありません。

 

「国語が大切!」というのは当サイトでも何度か言っていることです。

 

国語力の大切さについて>

東大合格は難しいという思い込みは捨てよ!

堀江さんはこう言います。

「地方の普通の高校で頭いいやつは東大に受かる能力を持っている。でも進路指導の先生が地元の大学にしなさいとか言うから、そもそも東大を受けない。」と。

センター試験はただのテクニック

堀江さんはセンター試験はただのテクニックだと言います。堀江さんの補助として企画に参加している、現役東大生もテクニックだと言います。

 

「センター試験はただのテクニック。でも学校の先生はテクニックを教えない。教育者はテクニックを教えることを良しとしてない。受験なんてテクニックだと言いたくない人たちが先生になっている。」

 

でもこれは本当にその通り。綺麗事+根性論が大好きな人が多いのですよね・・・。

ただし、半年間1日8時間は勉強せよ!

東大合格は簡単だと堀江さんは言いますが、「半年間1日8時間は勉強せよ!」と言います。これくらいの努力ができれば簡単だということですね。

センター試験を突破したら3人に1人は東大に合格できる

センター試験の足切りを突破したら、3人に1人は東大に合格するんですって。早慶に合格して、東大受験をリタイアする人も一定数いるそうな。

国数英をまず勉強し理科社会は後回しにせよ

国数英のまず3つを勉強するのがいいとしています。なぜかというと配点が高いからです。

  • 国語:200点
  • 数学:200点
  • 英語:200点
  • 理科:100点
  • 社会:100点

ということで、まずは200点ある国数英を勉強することにしています。

得点源にできそうな古文・漢文を攻略せよ

得点源にできそうなところから勉強し、自信をつけるのがいいとしています。得点源にできそうなところは、古文・漢文でして、単語さえ覚えていけばあとは読めるとのこと。

 

古文の単語を覚えるのにオススメされていたのが『マドンナ古文』という有名な単語帳でした。

英語は単語を丸暗記せよ!

「英語は単語力が重要!」とのことでした。ということで、堀江さんが書いている英単語帳『ホリタン』が紹介されていました。(英語の単語帳は何を選んでもいいと思います)

 

単語の暗記についてはこちらの記事で紹介している方法を試してもらえると、効率よく覚えれると思います。

科学的に根拠のある勉強法について>

 

英語の勉強法についてはこちらの記事で書いていますので、参考にしてみてください。

英語の勉強法について>

数学は『たくみ先生』を使おう!

たくみ先生がYouTubeで高校数学の授業をしてくれています。(元東大生)

 

拝見しましたが、とてもわかりやすかったです。企画に参加している3人は、動画で分からないことがあればいつでもたくみ先生に質問できるという特権を与えられていました。

【高校数学(発展)】バウムクーヘン積分【数Ⅲ】

ようは動画で効率よく勉強しろということですな。たくみ先生もいいとは思いますが、動画がありすぎますし、整理されていないので、勉強したい箇所を見つけるのがちょっと難しかったです。(時間が学生・社会人なら最高の動画ですが、受験直前期の学生には適さないかもです)

 

効率よく動画で勉強していくなら国数英理社が揃っているスタディサプリがいいと思います。

スタディサプリ大学受験講座はこちら→→→【公式】スタディサプリ大学受験講座(7日間無料体験あり)

社会はまんが日本の歴史がオススメ

日本の歴史を学ぶなら、まずはマンがを使って全体像を把握しておくのがいいとのことです。そこで使えるのが『まんが日本の歴史』。

2万円くらいしますので、お金を節約したい方は図書館へGOです。

堀江メソッドで1週間で100点アップ

堀江メソッドに従い国数英を1週間勉強し、センター試験の過去問(国数英のみ)を解いた結果・・・なんと3人とも100点以上アップしていました!

 

「俺は1ヶ月勉強すれば受かる。基礎があるからあとは思い出すだけ」と豪語していた堀江さんも国数英を受けてみました。

 

その結果・・・

  • 国語:86点
  • 英語:167点
  • 数学:16点(数学ⅡBが0点)

 

という驚くべき結果に。補助の現役東大生も「この中で一番やばい笑」とのことでした。

スポンサーリンク

おわりに

まだドラゴン堀江は完結していないので、参考になる回があればまだ追記していきたいと思います。

 

まぁ、特に珍しいことやってないんでよね笑

  • 「単語力が重要や!」
  • 「歴史系はマンガで流れを学べ!」
  • 「動画講義で効率よく勉強しろ!」
  • 「学校の先生の言うことを間に受けるな!」
  • 「東大に合格したければ半年間は1日8時間勉強しろ!」

と言うことでして、ど正論です。ちゃんとした勉強法で努力すれば、誰でも東大に合格できるよーという話ですね。

 

ということで、受験生の皆さん、頑張ってください!

 

当サイトでは動画講義にスタディサプリをオススメしています。これのメリットについてはもう言うまでもないことですね。

 

スタディサプリ大学受験講座はこちら→→→【公式】スタディサプリ大学受験講座(7日間無料体験あり)

 

スタディサプリのメリットを簡単に紹介しておくと、以下の通り。

スタディサプリは月額980円とは思えないほどのサービスになります。

メリットを書くと次のようになります。

  • 月額980円で国数英理社の5教科を学べる
  • 小学4年生から高校3年生までが対象
  • 過去に戻って勉強するもよし、先へ進んで勉強するもよし
  • スタディサプリの講師は塾や予備校の看板講師を引き抜いているので実力派折り紙つき
  • 倍速再生が可能なので効率よく勉強できる
  • センター試験の過去問のダウンロードが可能
  • 国立・私立の大学入試の過去問もダウンロード可能
  • センター試験対策講座も980円の中に含まれる
  • 動画をダウンロードできるのでオフライン環境でも勉強ができる
  • AO入試・推薦入試対策講座もある
  • 小論文対策講座もある
  • 有名大学なら志望校対策講座がある
  • 勉強の基礎が学べるので公務員試験対策にも使える
  • プログラミング・Webデザインの講座まである
  • 学び直しのために社会人の利用も増えてきている

と、これで980円なの?と疑問に思うくらいの内容になっています。

コメント