サッカーの長友選手から学んだ、ハートの強さの大切さ

スポンサーリンク

アナザースカイにサッカーの長友選手が出ている回がありました。

すごく子育てのためになるようなことを言っていたので、スポーツを頑張っているお子さんをお持ちの親御さんは、長友選手の言葉を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

サッカーで学んだもっとも大切なこと

長友選手が「サッカーで学んだ、人生でもっとも大切なこととは?」ついて答えていたので、書き起こします。(多少言葉が違うところはあります(´・ω・))

以下、長友選手の言葉。

「やっぱりメンタルかな。
いかに努力できるか、いかにそれを維持できるか。

ピッチ内だけじゃなく、ピッチ外に勝敗のカギがあるんじゃないかと思っています。

才能もあって、めちゃくちゃ上手い選手を何人も見てきました。
でも、練習ではうまくいくけど、ピッチではそれを発揮できないっていう選手をみてきて、最後まで残っている選手はハートが強い選手なんだなって。」

以上が長友選手の言葉です。

世界のトッププレイヤーを見てきて、一番大切だと思うことは『ハートの強さ』なんですね。
スタミナとか、テクニックとか、そんなことよりもっとも大切なことはハートの強さ、つまりはメンタルです。

これって勉強にも当てはまることで、すごく頭が良くて東大に確実に入るだろうと思われている人でさえ、センター試験や2次試験で簡単なミスをして、落ちてしまうってこともあります。

これもメンタルの現れですよね。

子育てでもっとも大切なことは、メンタルをどう鍛えてあげるか?かもしれません。

精神病にかかる人も増えているし、うつ病に処方される薬もどんどん売り上げを伸ばしています。
これからの時代をどう切り抜けるかは、メンタルをどう柔軟に鍛えていくかがカギになるでしょう。

長友選手の心の支え

長友選手の心の支えは『母親』だったそうです。

長友選手の母親は女手一つで子供3人を育てたようです。
だから、母親を金銭面的に楽をさせたいという人一倍強い思いが長友選手にはありました。

「どんなに辛い時だって、母に比べたらどうってことない!」

と番組でおっしゃっている長友選手をみて、これが長友選手の強さなんだなぁと思いました。

子供のメンタルを強くする方法は、まずは自分の背中を見せることなのでしょう。
長友選手、そして長友選手の母親から大切なことが学べた番組でした(`・ω・´)”

最後に、これも番組で話していた長友選手の言葉で締めたいと思います。

「どんなにきつくても夢があるから走れる。
サッカーを楽しむよりも、夢に向かってるから楽しめる。
そこに向かって成長できる自分を楽しんでいる。
未来の最高の自分を見たい。」

コメントを残す