進行形にできる動詞とできない動詞の違いについて【英語】

英語 進行形 できない 動詞 英語学習
スポンサーリンク

進行形にできる動詞とできない動詞ってあるじゃん?それってどうやって見極めたらいいの?

その疑問に答えます。

  • 中断・再開がすぐにできる→進行形にできる
  • 中断・再開がすぐにできない→進行形にできない

例えば、eatだと、食べるのを中断したり再開したりできるので、eatは進行形にすることができます。studyやreadやwriteなんかも同様です。

 

しかし、resemble(似ている)はどうでしょうか?似るのを中断したり再開したりできるでしょうか?できませんよね。そういう動詞は進行形にすることができません。

他にもknowも進行形にできません。知っていることを中断したり再開したりできないからです。

 

以上、進行形にできる動詞とできない動詞の見極め方でした。それでは!

当サイトの知識は主にこの参考書をから得ています。

薄いのが魅力なポレポレ英文読解!簡単なものから難しい問題まであります。薄い分、説明は物足りないかもしれません。ある程度英語が読める人向け。

同じく西きょうじ先生の英語の参考書。

代ゼミの富田一彦先生の参考書。目からウロコの本かと思います。「こんな英文読解法があるのか!」と驚きましたねぇ。

代ゼミの仲本先生の英文法倶楽部。文章がラフで読みやすいです。オススメの英文法の参考書になります。

1から英文法を学んでいきたいならこの本かなーと思います。分厚い分、内容がぎっしりと詰まっております。

スタディサプリの超人気英語講師の関正生先生の世界一わかりやすいシリーズは本当に読みやすいです。「英語なんて嫌いじゃ!」という方にオススメ。

 

 

コメント