英語の仮定法とは?時制を一つ前にズラすのが特徴!

スポンサーリンク

仮定法

このページでは英語の仮定法について説明して行きます。

仮定法ってなんだか分かりづらいですよね^^;
ということで、できるだけわかりやすくまとめていきます!

スポンサーリンク

仮定法ってなに?

例えば、

「明日台風きたら、学校休みになるわ!」

「もし僕が鳥だったら、きみのもとに飛んでいけるのに」

どちらも仮定の話だけど、可能性としては全然違うのにすぐ気がつくと思います。
台風が来るのは可能性があるけど、鳥になれる可能性なんて明らかにゼロです。

英語では可能性がない仮の話をするときに、“これは仮の話だよ”と信号を出します。
その信号が、『時間を一つ前にずらす』ことです。

だから、

If I am a bird, I will fly to you.

ではなくて、

If I were a bird, I would fly to you.(If S 過去形, S would/could/might 原型.)

となります。

こういうのをちょっと難しい言葉で言うと、“仮定法過去”なんて言ったりするね。(ややこしい名前ですたい(´・ω・))

ちなみに、過去形だったらwereじゃなくてwasじゃね?と思った人もいるはずです。
するどい!!

wasでも正解なのですが、wereを使うことによってより仮定法を強調しているんですね。(Iなのにwereはおかしいから)

過去の話を仮定する場合

今までの話は、現在の話を仮の話にするために、時制を1つずらして過去形にするものでした。(仮定法過去)

ならば、過去の話を題材に、仮定する場合はどうなると思いますか?

例えば、

「あのときもう2ドルあれば、その本を買うことができたのに」

こう言う場合は、過去の話をもう1つ時制をずらします。
英語では、過去より前の話は過去完了になるので、こんな感じのカタチになります。

If S had p.p., S would/could/might have p.p..

「あのときもう2ドルあれば、その本を買うことができたのに」を英文に直すと、

If I had had two dollars more then, I could have bought that book.

となります。

覚えておくべきは、仮定法は見た目が過去形なら訳は現在形、見た目が過去完了なら訳は過去形ということです!

Ifを使わない仮定法

Ifを使わない仮定法もあります。

それがI wish〜のパターンです。(他にもあるけど)

  1. I wish S 過去形 「いま〜ならなぁ」
  2. I wish S could 原型 「いま〜できればなぁ」

仮定法を見抜くには助動詞の過去形に注目!

仮定法の目印は助動詞の過去形になります!
というのもcanの過去形でcould(できた)を使うことはほとんどないからです。

「できた」と言いたい場合は、was able toを使うのが普通なんですって。

だから僕たちは助動詞の過去形を見たら「あれ?仮定法のサインじゃね?」と疑う癖をつけるのがいいんですね(`・ω・´)”

Ifは省略することができる

仮定法の世界において、Ifってよく省略されるんです・・・。
これが僕たちを仮定法嫌いにさせて行く理由なんです笑。

んで、省略するだけならまだしも、“倒置”も起こるんですね(´・ω・)

*仮定法過去のIf省略の場合

If I were a bird, I would〜

でIfが省略されると、

Were I a bird, I would〜

と、Iとwereが入れ替わります。

*仮定法過去完了のIf省略の場合

If I had p.p., I would have p.p.〜

でIfが省略されると

Had I p.p., I would have p.p.〜

となります。

これについては慣れが必要です!

こちらの記事もどうぞ

1.子育ての前に知っておきたい→オススメ教育関連サービス・本・おもちゃ


2.受験生なら一度は試してみたいサービス→【スタディサプリの凄さ】これが昔にもあれば1ランク上の大学に合格できた!


3.英語の勉強を楽しく継続したいなら→スタディサプリENGLISHを使ってみたのでレビュー。オススメできる理由は?


メルマガを始めています。

子育てや勉強法などなど教育系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*