【スタディサプリ】国立・私立の大学入試過去問をダウンロードする方法

スポンサーリンク

スタディサプリで国立と私立の大学入試の過去問が、無料でダウンロードできるってご存知でしょうか?無料ってすごいですよね。私が学生時代の時は、大学ごとに赤本を購入して問題を解いていましたが、スタディサプリではなんと無料でダウンロードして、印刷して解くことができるのです。スタディサプリに登録しているのであれば、この機能を使わないのはもったいないです。ということで今回の記事では、大学入試の過去問のダウンロードの方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大学入試の過去問のダウンロード方法

スタディサプリには国立私立を合わせて、全国140の大学の学部学科ごとの過去問が最大過去3年分掲載されています。

これって本当に凄いことだと思います。各大学ごとの赤本を購入しようと思えば、1冊2,000円くらいするので、これが無料で手に入るって本当に便利な機能だと思います。だから受験生の方々はぜひ有効にスタディサプリの無料過去問ダウンロードを利用してみてください。

それではスタディーサプリの過去問のダウンロード方法についてご紹介していきたいと思います。ダウンロードについては今現在(2017年5月)では、スマホでは利用できないみたいなので、パソコンでダウンロードしましょう。

やり方もすごく簡単です。

  1. パソコンでスタディサプリにログイン
  2. 『受験メニュー』をクリック
  3. 『大学入試過去問』をクリック
  4. 大学と学部を選択
  5. ダウンロードしたい年度を選択してダウンロード
  6. 印刷すると便利(`・ω・´)”

一応画像付きで紹介しますね。

スタディサプリ 大学入試過去問

スタディサプリにログイン後、『受験メニュー』⇨『大学入試過去問』をクリックします。

大学入試過去問 国立

国立大学がズラ〜っと、これだけ並んでいます。

大学入試過去問 私立

私立大学もこれだけ並んでいます。こんなにも過去問をダウンロードできると思うと、過去問対策は完璧になりますね笑。

大学入試過去問

例えば、北海道大学の文学部の過去問を選択してみましょう。

大学入試過去問

ダウンロードしたい年度を選択して『問題を見る』をクリックすると、過去問を見ることができます。後はそのページをダウンロードして保存するもよし、いきなり印刷して使うもよしです(`・ω・´)”

ちなみにですが、センター試験の過去問もスタディサプリなら無料でダウンロードすることができます!もう至れり尽くせりのサービスになっていますね。ダンロード方法もこれとほとんど一緒ですが、センター試験の過去問のダウンロード方法について説明してあるリンクを貼っておきます。⇨スタディサプリならセンター試験の過去問も無料!

まとめ

いかがだったでしょうか?今回の記事ではスタディーサプリで大学入試の過去問のダウンロード方法について書いてきました。印刷をすれば何回でも過去問を解くことができます。私が学生時代の時は、赤本を購入して、本には書き込まないようにしながら問題を解いていましたが、スタディサプリだと無料で印刷できるので、そのまま書き込みながら問題を解けるので良いですよね。特に理系の問題等は、図に直接書き込みたい時があるので、そういう時に書き込めるって本当に便利だと思います。

また赤本は1冊2,000円位するので、自分が受けるかもしれない大学分の赤本を購入すると、軽く10,000円を超えたりします。こういう出費って結構痛いですよね。しかしスタディーサプリなら無料。スタディサプリを利用できる学生さんは羨ましいですね。スタディーサプリは1年利用しても10,000円位じゃないですか笑。赤本に10,000円ってそう考えるとバカらしく思えもますよね。

さて、過去問を解いた後の行動が受験の合否を決めると言っても過言ではないでしょう。ここの過去問を解いたから、はい次の過去問、はい次の過去問、と復習をあまりしないやり方は効率的ではありません。解けなかった問題は何度も解いて記憶に定着させることが、受験勉強においてすごく肝心になります。

一度解いた問題をまた解き直すって、結構めんどくさいじゃないですか?でもそれをしない勉強法は効率が悪いんですよね。解けなかった問題を答え合わせして、そしてすぐ翌日にまた解き直す。こういう習慣ってすごく重要なんですよね。受験勉強も大詰めになってくると、新しい知識を覚えるのではなく、覚えた知識を忘れないということが受験の合否を決めるものになります。新しい知識を覚えても3週間後には忘れているようでは意味がないのです。

受験勉強はある意味テクニック的な要素も試されているので、いかに効率よく問題を解いて、いかに効率よくそれを覚えていくかの作業を問われるものでもあります。ですので効率良い受験勉強を行ってみてくれたらなと思います。記憶の定着については過去の記事に書いてありますので、参考にしてもらえたらなと思います。⇨記憶力をアップさせる勉強方法

本日も最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す