助動詞のコアをつかもう!【スタディサプリ中2英語応用(第5・6・7講)】

助動詞のコアをつかもう!【スタディサプリ中2英語応用(第5・6・7講)】 未分類
スポンサーリンク

スタディサプリ中2英語、応用の第5・6・7講(助動詞その1・その2・その3)を受けました。関正生先生の授業が神分かりやすかったです。

この動画を見ると、

  • 助動詞のコア

が、ガッツリ分かりますので、英語のこの分野を苦手としている人は受けてみてください。以下では学んだことを簡単にメモしていきます。

最近はスタディサプリ+家庭教師もオススメしています。なぜかというと、やはりスタディサプリを使って一人で勉強するのは難しいからです。家庭教師を利用して1教科だけでも頼み、『家で勉強する習慣』をつけたほうがスタディサプリを効果的に利用できると考えています。お金に余裕があればの話なので参考までに。家庭教師センターの資料を無料一括請求>かてきょナビ
スポンサーリンク

スタディサプリ中2英語応用(第4・5講)のメモ

それでは以下に、講座で学んだことついて書いていきます。

1:助動詞とは?

助動詞とは、

 

動詞に意味を付け加えて補助する

 

役割があります。

カタチとしては、『助動詞+動詞の原形』のカタチで使います。

2:助動詞は動詞ランキング1位

動詞にはbe動詞、一般動詞、助動詞があり、強さのランキングがあります。ランキングは以下の通り。

  1. 助動詞
  2. be動詞(amとか)
  3. 一般動詞 

名前負けしている感じがありますが、助動詞は動詞ランキング1位です。その証拠に助動詞が入る文は助動詞を中心に文が作られます

  • 肯定文→動詞より先に助動詞が来る
  • 否定文→助動詞にnotがくっつく
  • 疑問文→助動詞が先頭に来る

など、助動詞を中心に文のカタチが作られます。

3:助動詞には2つの意味がある

助動詞には2つの意味があります。

  1. 気持ち系:動作動詞につく
  2. 予想系:状態動詞(特にbe)につく

*状態動詞とは進行形にできない動詞のことです。

 

助動詞の2つの意味をcanで考えてみます。

  1. 気持ち系→「できる」
  2. 予想系→「ありうる」

と、canには2つの意味があります。

4:助動詞の類似表現への書き換え

  • will→be going to〜(〜するつもり)
  • can→be able to〜(〜できる)
  • must→have to〜(〜しなければいけない)
  • should→ought to(〜すべき)

このように書き換え可能なので、こんな文も作れます。

You will be able to do it.(あなたならできるでしょう!)

助動詞が2つ連続してつくような、

You will can do it.

の文は作れませんのでご注意を。

5:canの核心

canの核心は、

 

いつでも起こる

 

だ!と関講師は言います。

英語の核を覚えて、そこから出てくる日本語を当てはめるのが英語の勉強です。

canの核から派生して、

  1. 〜できる(可能)
  2. ありうる(可能性)

の2つの意味が出てきます。

6:canの否定文は「〜できない」ではない

canの否定文は要注意です。

「〜できない」ではなくて、「〜のはずがない」です。

It can’t be true.(それは真実のはずがない)

 

canは「できる」と思ってたら大間違いする箇所なのでしっかりと覚えましょう👍

7:mayの核心

関講師はmayを「かもしれない」では覚えてはダメだ!と言います。なぜかというと日本語の「かも」は万能すぎてなんにでも使えちゃうからです。日本語でいう「かも」と英語の「かも」はかなりの差があるのですね😅

mayの核心は、

 

「50%」

 

です。

日本語で「かも」を使う場合は1〜99%くらいが含まれていますが、英語のmayは50%前後を表すときに使います。

そこから、

  1. 許可「〜してもよい」
  2. 推量「〜かもしれない」

の意味が生まれます。

8:mayの否定文は『禁止』を表す

mayの否定文は禁止を表します。

You may read the letter. 「その手紙を読んでもいいですよ(50%なので、読んでも読まなくてもどっちでもいいって感じ)」

この文が否定形になると、

You may not read the letter.「その手紙を読んではいけません」

と禁止を表します。。

9:mustの核心

mustの核心は、

 

「他には考えられない」

 

です。

そこから、

  1. 義務「〜しなければならない」
  2. 推定「〜にちがいない」

が生まれます。

10:mustの否定文は『禁止』を表す

mustの否定文はmay notと同じく禁止を表します。

You must read this book. 「この本を読まなければならない」

you must not read this book.「この本を読んではいけない」

may notと同じく覚えておかないと「しなければならない、ことはない」みたいな変な訳を作ってしまうので、お気をつけください👍

11:mustとhave toの否定文の違い

mustとhave toは「〜しなければならない」と同じ意味ですが、否定文になると意味が違います。

  • must not:禁止「〜してはいけない」
  • don’t have to:不必要「〜する必要はない」

否定文になるとmustとhave toは違う意味になるので要注意です。

12:mustとhave toの否定文の書き換え

mustとhave toの否定文は書き換えができます。

  • You must not ~=Don’t`~
  • don’t have to ~=don’t need to~

13:mustとhave toの疑問文の違い

疑問文を作るときも変わってきます。

  • S must V →Must S V ?
  • S have to V →Do S have to V ?

また疑問文の答えの分も変わってきます。

表にしてまとめます。

 musthave to
疑問文Must S V ?Do S have to V ?
答えの文(Yes)Yes, you must.Yes, you do.
答えの文(No)No, you don’t have toNo, you don’t

mustで聞かれた時、Noの場合はmustで答えずにhave toになるところは要チェックです。

14:shouldの核心

shouldの核心は

 

「当然」

 

です。

そこから派生して、

  1. 義務・忠告「〜すべき」「〜するのがよい」
  2. 推量「〜のはずだ」

の2つの意味が出てきます。

15:had betterの核心

had betterの核心は、

 

「脅迫

 

です。

betterがあるので『優しい』イメージがあるような気もしますが、そんなことありません。かなり上から目線のニュアンスが出るので、関講師は「日常会話で使ったことない」と言います。

日本語では「〜したほうがよい」という意味が当てられていますが、日本人が思うほど優しい言葉ではありませんので、ご注意を。

 

また『had』と過去形になっていますが現在を表します。これは英語でよくあることです。これまたご注意を。

 

さらに、notの位置にも注意してください。

had better not 原形

です。助動詞の後にnotがくると覚えるよりは、原形の前にnotを置くと覚えておく方が考え方としてはしっくりきます。

16:助動詞の時制のまとめ

 現在形過去形未来形
cancan = be able tocould = was able towill be able to
mustmust = have tohad towill have to
don’t have todon’t have todidn’t have towon’t have to

おわりに

助動詞は奥が深いですね。さすが動詞ランキング1位です。

助動詞のコアを覚えて、そこから生まれる2つの意味、

  1. 気持ち系:動作動詞につく
  2. 予想系:状態動詞(特にbe)につく

をしっかり覚えてください😁

それでは!

最近はスタディサプリ+家庭教師もオススメしています。なぜかというと、やはりスタディサプリを使って一人で勉強するのは難しいからです。家庭教師を利用して1教科だけでも頼み、『家で勉強する習慣』をつけたほうがスタディサプリを効果的に利用できると考えています。お金に余裕があればの話なので参考までに。家庭教師センターの資料を無料一括請求>かてきょナビ

コメント