受験のために必要なシンプル考え【やたら褒めても他人を卑下しても意味がない】

受験 必要な考え 教育
スポンサーリンク

受験のために必要な考えってどんなものかなぁ?

そんな疑問に答えます。

受験に必要な考え方はいたってシンプルです。

  1. 合格したい学校の偏差値や合格最低点を調べる→必要な学力を把握
  2. 自分の成績を把握する→合格するために『何を』『どれくらい』時間をかければいいかがある程度わかる
  3. テストを繰り返す→勉強の成果をテストで確認する(うまくいってなかったら勉強法や塾を変えたりする)

という3つのステップが必要です。当たり前のことですね。

スポンサーリンク

受験のために不必要な考え

受験のために不必要な考えも書いておきます。

  • 「あの先生はすごい!」「あの先生はよくない!」→先生の評価は受験合格に関係なし
  • 「お前は頭がいいから大丈夫だ!」→べた褒めはナルシストを作る
  • 「あの子は、ああいうところがダメだ!」→他人を卑下しても自分(自分の子供)は合格するわけではない

他人を評価しても自分(自分の子供)の成績が上がるわけではありません。大切なことは、

  1. 受験する学校のレベルを知り
  2. 自分の学力を知り
  3. 改善を繰り返すこと

です。

受験の心構えをお忘れなく。それでは!

勉強法についてはこちらの記事を参考にしてみてください↓

科学的に根拠のある勉強法についてまとめてみた

コメント