子どもに英語を学ばせるならまずは徹底的に『発音』を勉強させよう

徹底的に『発音』を勉強させよう 英語学習
スポンサーリンク

英語の早期教育が盛んです。私は基本的にはこれに反対でして、「英語よりもっとやることあるんじゃない?」という考えです。

でもそれは人それぞれの考え方でして、「子どもは英語ペラペラになってほしいんや!」とお思いの親御さんも多いでしょう。

それではどんな英語教育をさせればよいのでしょうか?この記事ではそれについて書いていきます。

スポンサーリンク

少人数で発音の矯正!

文法や長文読解は後になってもできます。しかし、発音は大きくなると難しいんです。

  1. 英語の発音が苦手
  2. 外人と英語で会話するのが嫌
  3. 英語できないんや

発音ができないとそういう悪循環になってしまいます。(私もこれ)

だったら小さいうちに発音だけでもマスターしておきたいところです。

それは学校教育でもできるの?という疑問があるかもしれません。しかし、それは無理です。

学校教育では発音の確認まではできません。これについては民間サービスに任せましょう。

ということで、英語の早期教育をするのであれば、発音の確認をチェックしてくれるようなサービスを利用したらいいのでは?という記事になりました。

コメント