【保護者向け】家庭教師の頼み方ついて画像付きで説明

【保護者向け】家庭教師の頼み方ついて画像付きで説明 家庭教師
スポンサーリンク

家庭教師ってどうやって頼んだらいいのかなぁ?

そんな疑問に答えます。

家庭教師の探し方ですが、こちらのサイトから無料の資料請求を行ってください↓

家庭教師センターの資料を無料一括請求>かてきょナビ

このサイトを使えば以下の家庭教師センターから一括で資料を無料で請求できるので便利です↓

家庭教師 頼み方

このページでは、家庭教師の資料請求方法について画像付きで紹介していきます。

スポンサーリンク

家庭教師の頼み方

それでは以下に手順を書いていきます。

1:診断スタートをクリック(タップ)

診断スタートをクリック(タップ)します。

家庭教師 頼み方

2:子どもの学年を選ぶ

次に、子どもの学年を選びます。

家庭教師 頼み方

中学生を選んだとして先に進みます。

3:家庭教師を利用する目的を選ぶ

以下の選択肢の中から、家庭教師を利用する目的を選択します。

  1. 受験対策
  2. 学力向上
  3. 苦手意識
  4. 不登校

家庭教師 頼み方

学力向上を選んだとして先に進みます。

4:子どもの学校での成績を選ぶ

子どもの学校での成績を選びます。

家庭教師 頼み方

普通を選んだとして先に進みます。

5:子どもの自宅での勉強時間を選ぶ

子どもの家での勉強時間を選びます。

家庭教師 頼み方

1時間未満を選んだとして先に進みます。

6:志望校のレベルと現在の学力を比べたものを選ぶ

志望校のレベルと現在の子どもの学力を比較します。

  1. 高い
  2. 同じくらい
  3. 低い
  4. まだ受験のことは考えていない

受験のことを考えていない場合は4を選んでください。

家庭教師 頼み方

まだ受験のことを考えていないを選んだとして先に進みます。

7:お住いのエリアを選ぶ

住んでいるエリアを選びます。

家庭教師 頼み方

8:郵便番号を入力する

次に、お住いの地域の郵便番号を入力します。

家庭教師 頼み方

9:請求したい資料にチェックを入れる

自宅近くの家庭教師センターの候補を挙げてくれるので、資料請求したい場合はチェックを、資料が不必要な場合はチェックを外してください。(資料は無料です)

家庭教師 頼み方

10:自宅の住所を入力して完了

最後に、自宅の住所を入力して『この内容で送信』をクリック(タップ)して終わりです。

家庭教師 頼み方

11:気になる家庭教師センターに連絡

あとは資料を見比べて(入会費・月謝など)、頼みたい家庭教師センターに連絡を入れてみてください。

おわりに

以上、家庭教師センターの資料請求方法について書きました。

家庭教師のメリットについてはこちらの記事を参考にしてみてください↓

家庭教師のメリット・デメリットとは?家庭教師を選ぶときのポイント

 

せっかく高いお金を払って家庭教師を頼むのですから、微妙な先生がきたらさっさと変えてください。相性の悪い先生に勉強を教えてもらったってモチベーションが上がらず成績は上がりませんので。

家庭教師の先生が合わなかったらどうしたらいい?→すぐに替えるべき

 

それでは!

コメント