【スタディサプリ】月額980円のみではなくテキスト代もかかるので注意

スポンサーリンク

スタディサプリは月額980円のみで利用できると思いがちですが、実をいうとテキスト代が必要になります。

もちろん、テキストを購入しなくても利用しようと思えばスタディサプリは使えるのですが、やっぱり勉強効率が落ちてしまいます。
大学生や社会人が学び直しのためにスタディサプリを利用するのであれば、テキストは必須ではないと思いますが、受験生はあった方がベターでしょう。

スポンサーリンク

テキスト料金はどのくらい?

スタディサプリのテキストの料金は、1冊送料込みで1200円になります。
ほとんどの通年講座は前期・後期とあるので、その場合はテキストも前期・後期が必要になります。
ですから、通年講座ですとテキスト代は合計2400円になります。

テキストは購入しなくても、印刷するという方法もあります。
それについてはこちらの記事で書いているので、参考にしてみてください⇨スタディサプリのテキストの印刷方法

ですが印刷するとなると、印刷枚数は数百枚となるので、大量の紙とインクが必要になってしまいます笑。
確かに、テキストを揃えて購入するよりは安上がりになるでしょうが、ここはそこまでケチらなくてもいいところなのかなぁと思います。

例えば、通年講座の英語・数学を受講したとします。
英語は文法と読解の2講座を受けることにして、数学を1講座受けるとしたら、テキスト料金は2400円×3講座になるので、7400円になります。

高いといえば高い。
でも、英語の文法・読解と数学の参考書を購入しても、これくらいの値段はしそうなので、そこまで高くないといえます。

まとめ

  • スタディサプリはテキスト代が必要
  • テキスト代は1冊、送料込みで1200円
  • 通年講座は前期・後期とあるので、テキストも前期・後期と必要になり合わせて2400円かかる
  • テキストは購入しなくても、自宅のプリンターで印刷もできるが、大量の紙とインクが必要

コメントを残す