時間が経つと緑茶が茶色に変わる理由は?→酸化

緑茶 茶色 おもしろい
スポンサーリンク

緑茶ってなんで時間を置いたら茶色に変わるの?

その疑問に答えます!

緑茶が茶色に変わる理由は『酸化』が原因です。緑茶に含まれるカテキンが酸化し、変色するというわけです。酸化しても飲むことはできますので、安心してください。しかし、せっかくの抗酸化成分なのですので、その効果を期待したいのであれば、緑色のうちに飲むのがいいですね。

 

ちなみに、ペットボトルに入っている緑茶が緑色のままの理由は、酸化防止剤としてビタミンCなどが添加されているからです。(カテキンよりビタミンCより先に酸化する)

 

緑茶を緑色のままにさせたい場合、緑茶に数滴レモン汁をたらすという手もありますが、めんどくさいですよね笑。ということで、緑茶を入れたらお早めに飲んでください^^それでは!

コメント