高校生におすすめの通信教育3選【費用を抑えた家庭学習で大学へ】

高校生 通信教育 おすすめ 通信教育
スポンサーリンク

高校生の子供にオススメの通信教育講座ってなんだろう?

そんな疑問に答えます。

結論から言うとスタディサプリがもっともオススメです。安い上に講師が一流で授業が分かりやすいからです。このコスパを上回るサービスは他にはないでしょう。

 

以下ではスタディサプリをオススメする理由と、他の通信教育サービス、通信教育を選ぶ際のポイントについて説明します。

スポンサーリンク

高校生にオススメの通信教育

それでは早速、高校生にオススメの通信教育について紹介していきます。

国数英理社で月額980円『スタディサプリ』

スタディサプリ大学受験講座はこちら→→→【公式】スタディサプリ大学受験講座(7日間無料体験あり)

もっともオススメしているのがリクルート運営のスタディサプリ。

  • 国語
  • 数学
  • 英語
  • 理科
  • 社会

の全てを、

 

月額980円(税抜き)

 

で学ぶことができます。安すぎます。安いですが講師は一流を集めております。その点はご心配なく。動画講義ですので、スマホ・タブレット・パソコンがあれば今からでも学習を始めることができます。ぜひ講師の授業力を体験してみてください。「え?高校の先生と全然分かりやすさが違うじゃん・・・」となるはずです。

 

また、高校1年生でも高校2年生の授業を受けることができます。つまり、

 

先取り学習が可能

 

なのです。得意な科目があればどんどん学習することができます。

逆も可能でして、高校3年生でも高校1年生の授業を受けることができます。苦手なところは先戻って学習ができるのがスタディサプリの強みです

 

デメリットといえば添削がないところくらいでしょうか。後述するZ会や進研ゼミのように添削があります。しかし、もっともオススメできる通信教育ですので、ぜひ試してみてください。無料体験期間もついてますのでお気軽に。値段も安いのでZ会と併用するものアリです。

ハイレベルな学習をしたいならZ会

Z会:高校生講座

スタディサプリに続いてオススメしたいのがZ会になります。Z会の強み1ランク上の学習ができるところ。しっかりとした

 

添削

 

があるのがZ会の醍醐味。先生からのフィードバックは勉強において大切です。フィードバックを受けることで、より深い理解が可能となります。また、

 

小論文の講座

 

があります。これからの時代、「文字を書く力」はより求められます。文字を扱えることは思考のレベルを表します。小論文にしろ、AO入試にしろ、就職活動にしろ、文章を書く力は持っておいて損はないです。むしろプラスしかありません。早くから鍛えておきたい能力の1つです。

 

また後述する進研ゼミと違って、受講する教科を1教科から選ぶことができるのもいい点。伸ばしたい教科をZ会で勉強して他はスタディサプリで勉強するのが攻守ともに最強の方法かと考えています。

通信教育ど定番の進研ゼミ

進研ゼミ:高校生講座

最後に紹介するのが進研ゼミになります。20年前でしたら通信教育といえば進研ゼミでした。しかし、今ではスタディサプリやZ会といったサービスが出てきておりますので、「進研ゼミを使ったほうがいい!」とは強くはいえません

 

しかし、通信教育キャリアが長いことから、サービス・質ともに高いです。スタディサプリやZ会を利用してみて合わなければ進研ゼミを試す感じでいいかと思います。

 

いずれにしろ、スタディサプリもZ会も進研ゼミも、ちょっとずつ全部試してみて「これだ!」というものを見つけるのがベターかと思います。

高校生の通信教育の選び方

通信教育で一番大切なことは、

 

家でちゃんと勉強するのか?

 

ということです。高校生といえどもまだまだ自制心が発達しておりません。ですから、子供のやる気を出すような親の接し方がとても重要になります。

親が管理しやすいかどうか

通信教育においては、親の接し方がとても重要になりますので、その通信教育の教材を、親がどれだけ管理できるか?がポイントになってきます。管理というと複雑な気がしますが、そんなことありません。

子供がやっている教材を見てあげるだけでOKです。欲を言えば「ここはどうしてこう書いてるの?」などの簡単な質問を投げかけるだけでも効果が倍増します。

学習教材の3種類

通信教育は大きく3つに分けられます。

  1. タブレット型
  2. 教材+添削型
  3. 教材+解答型

 

スタディサプリがタブレット型の代表例になります。動画講義を聞きながらノートにメモをしていきます。また、タブレット型では子供の学習時間などをネットで確認することができます。

 

教材+添削型はZ会が代表格です。教材で学習したのち、課題やテストを自宅で行い、それを郵送して添削してもらうスタイルになります。一手間かかりますが、適切なフィードバックが来るので、勉強にとても効果的。

  • ちゃんとテストを説いているのか?
  • どこを間違えたのか?

などなど、親子で確認できるので、お金が許すのであればこの勉強スタイルが一番いいかと思います。

 

教材+解答型は、解答を見ながら親が採点するスタイルです。子供がどこが苦手なのかを親自ら確認できるのですが、時間に余裕がないと厳しい勉強法ですし、高校生ともなると強化の難易度も格段に上がってきますので採点するのも一苦労かもしれません。

添削という素晴らしさを理解する

添削とはいわば、

 

その子のためだけの解説

 

になります。この人間味溢れるものこそがモチベーションを高めてくれます。マルやバツだけの添削は見る気がしません

 

学校のような一斉授業ではテスト解説でも一斉解説になり、自分が分からなかったところを理解しづらい環境にあります。だからこそ、通信教育の添削が有用になります。

大学受験に向けて

高校生で勉強するということは大学進学を考えてのことだと思います。ですから、大学受験を意識した家庭学習が大切になります。

 

勉強習慣がついていれば何も問題がありませんが、まだまだ勉強習慣がついていないようでしたら、通信教育をやめて、塾や予備校に短期間だけ通い、刺激を受けるのも1つの手になります。

具体的なイメージを持つ

大学進学に向けて具体的なイメージを持つことも大切で、イメージを持つことができれば勉強のモチベーションにもつながります。

早くから大学のパンフレットは取り寄せておきましょう。「自分には無理」なんてことは思わずに、レベルの高い大学のパンフレットをどんどん手に入れる意気込みが大切です。

サクラサク、未来へ【マイナビ進学】詳細はこちら⇒

おわりに:通信教育でオススメはスタディサプリ

高校生におすすめ通信教育を3つ紹介してきました。万人にオススメできるのがスタディサプリになります。無料体験期間が付いていますので、お気軽にお試しください。

スタディサプリの最大のメリットは安いところ。安さの面からZ会や塾などの併用が可能になりますので、そこもスタディサプリをオススメしているポイントになります。是非利用してみてください。それでは!

コメント