【呼吸の不思議】二酸化酸素より酸素をたくさん吐き出してるって知ってます?

呼吸の不思議
スポンサーリンク

人は呼吸をします。

ちょっと理科を習ったことがある人ならば、『酸素を吸って、二酸化炭素を吐く』ということを知っているはずです。
でも「二酸化炭素をどのくらい吐くのか知ってますか?」と、問われたら答えることができるでしょうか?

今回の記事では『吐く息に含まれる二酸化炭素の量』についてになります。
子どもをお持ちの家庭は、答えを見る前にお子さんと一緒に考えてみてください。

スポンサーリンク

吐く息に含まれる二酸化炭素はたった5%

『酸素を吸って二酸化炭素を吐く』というのは常識ですが、しかし実を言うと、吐く息に含まれる二酸化炭素の割合は4~5%に過ぎません。

「100%二酸化炭素じゃないの?」と、驚かれた方も多いと思います。

大まかな数字を出すと以下のようになります。

  吸うとき 吐くとき
酸素 21% 16%
二酸化炭素 0.04% 5%
窒素 78% 78%
その他空気に含まれるガス 1% 1%

酸素は吸い込みますが、『酸素の全て』ではなくて『酸素の一部』を人間は利用しています。
吸収した酸素から二酸化炭素が作られ、それが吐く息に含まれ、吸収されなかった酸素はそのまま吐き出すことになります。

人工呼吸が成り立つのも、『吐く息に酸素が含まれているため』です。

また、なんとも意外なことかもしれませんが、一番多く吸っているのは『窒素』ということも知らない人にとっては驚きの事実だと思います。

本日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読むことで、子どもたちに『科学』や『勉強』の興味を少しでも与えることができたらなと思います。

まとめ記事はこちら

 


このサイトの記事をまとめています。


1.【小学生から社会人まで】スタディサプリの使い方・効果的な利用方法についてのまとめ


2.科学的に根拠のある勉強法についてまとめてみた


3.【まとめ】英語の勉強法について


4.あんた誰だよ?ということでプロフィールページになります


メルマガを始めています。

子育てや勉強法などなど教育系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*