第一志望の大学に合格する生徒の特徴とは?【スタディサプリのコーチの調査】

スタディサプリ コーチ 効果 合格特訓コース
スポンサーリンク

スタディサプリを利用している生徒を調査した結果、第一志望に合格する生徒の共通点が分かりました。

今回『スタディサプリ合格特訓コース』生徒の2019年大学合格実績を収集し、難関私立大学と国公立大学の合格者の学習データを分析し、そのうち第一志望に合格する生徒に共通する学習習慣や、オンラインコーチングの効果を発表します。(学習ログデータの母数は、MARCH・関関同立以上の私立 or 国立大合格を報告してきた生徒で退会日は2019年1月26日以降に限定)

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000234.000025184.html

こちらのサイトに書いてあることを要約したいと思います。

最近はスタディサプリ+家庭教師もオススメしています。なぜかというと、やはりスタディサプリを使って一人で勉強するのは難しいからです。家庭教師を利用して1教科だけでも頼み、『家で勉強する習慣』をつけたほうがスタディサプリを効果的に利用できると考えています。お金に余裕があればの話なので参考までに。家庭教師センターの資料を無料一括請求>かてきょナビ
スポンサーリンク

第一志望に合格する生徒の特徴について

それでは早速、第一志望に合格する生徒の特徴について書いていきます。

1:数学や理科の学習を夕方までに終わらせる

第一志望合格者は、論理的思考が必要な数学や理科は、

 

夜ではなく夕方までに終わらせる傾向

 

がありました。

「頭を使う勉強は午前中にやれ!」みたいなことは耳タコ話ですね。

2:コーチのチャットメッセージが勉強時間を増やした

コーチと生徒のチャットメッセージを分析したところ、

  • 生徒を肯定するような言葉
  • 生徒を励ますような言葉

が多くなるほど、スタディサプリの受講数が増えていることが分かりました。ポジティブなメッセージが0〜3個の週に比べて11以上の週は、

 

約1.4倍も受講講義数が多い

 

という結果が出ています。

コミュニケーションが勉強に必要だということですね😇

3:夏休み前の7月に過去問を意識

コーチと生徒、両方の発言キーワードを分析しました。すると、第一志望合格者と合格者以外を比較したところ、

 

第一志望合格者は7月に13ポイントも多く過去問を意識している

 

ことが分かりました。

やはり第一志望合格者は早くから過去問を意識し、計画を立てているということでしょうか。

おわりに:コミュニケーションと計画の必要性

この調査から分かることは2つかと思います。

  1. コーチによるポジティブメッセージが勉強のモチベーションを上げる
  2. 合格者は早くから計画を立てている

の2つです。

当たり前といえば当たり前の話ですね。ですが、当たり前のことをやるのが難しいのです😱

勉強の参考までに。それでは!

最近はスタディサプリ+家庭教師もオススメしています。なぜかというと、やはりスタディサプリを使って一人で勉強するのは難しいからです。家庭教師を利用して1教科だけでも頼み、『家で勉強する習慣』をつけたほうがスタディサプリを効果的に利用できると考えています。お金に余裕があればの話なので参考までに。家庭教師センターの資料を無料一括請求>かてきょナビ

コメント