堀江貴文×金岡博士のロボット対談には夢がある!【スタディサプリ】

堀江貴文×金岡博士 スタディサプリ
スポンサーリンク

堀江貴文さんと金岡博士(ロボット制御工学者)さんのロボット対談がスッゲーおもしろかったです。夢があります。ワクワクします!スタディサプリ契約者は是非ご覧になってください。

最近はスタディサプリ+家庭教師もオススメしています。なぜかというと、やはりスタディサプリを使って一人で勉強するのは難しいからです。家庭教師を利用して1教科だけでも頼み、『家で勉強する習慣』をつけたほうがスタディサプリを効果的に利用できると考えています。お金に余裕があればの話なので参考までに。家庭教師センターの資料を無料一括請求>かてきょナビ

こちらの動画ですが、

  • 未来の教育講座→クリエイティブ×イノベーション→人機一体「ロボット」が起こしうるイノベーション

の順にクリック(タップ)していくと見つかります。

 

この動画は4つでチャプターで構成されています。

  1. 人間とロボットの互換性
  2. 身体拡張とモビリティ
  3. 進化を促す環境とは?
  4. 学生の研究しやすい環境とは?
スポンサーリンク

身体拡張とは?

個人的に一番興味深かったのが身体拡張の話です。

 

AIやロボットによって拡張された時の人間の脳はどうなる!

 

と思います?

冷めた人からすると、「脳は別に変わらねーよ」と考えるかもしれません。しかし人間の脳は可塑性(変わるってこと)があります。身体が拡張すれば、脳も柔軟に変わっていきます。

 

例えばですが、

 

脳にもともと5本の指を動かす領域があるから指を動かせるのか?それとも5本指があるから脳に指の領域が作られるのか?

 

さて、これはどちらでしょうか?

これは科学的に分かっていまして、

 

指が5本あるから脳に5本の指の領域ができる

 

のです。

つまり、体があるからこそ、脳が作られる面があると言うことです。義手や義足をイメージしてもらえたら分かるかと思います。義手・義足に対応できるように脳は進化します。それと同じように、

 

AIやロボットで身体が拡張されれば、それ用の脳領域ができる

 

と考えられます。

と言うことで、AIやロボットによる身体拡張はスッゲー興味深い話なのです。スタディサプリに契約している方は、ぜひご覧になってみてください。それでは!

コメント