為替レートとは?

為替レート お金の教育
スポンサーリンク

為替レートってなに?

その疑問に答えます。

例えば、日本からアメリカに行くときのことを考えてみましょう。アメリカでお金を使うために、日本円をアメリカドルに変えておく必要があります。

 

では1万円はいったいいくらのドルになるのでしょうか?

 

この時に使うのが為替レート(Exchange rate)です。為替レートはいつも変動していますので、今日なら1万円が100ドルに変えれたとしても、明日は違うかもしれません。

 

もし、1万円で100ドルに変えれていたものが、1万円で90ドルになったのであれば、これを円安と言います。(アメリカ人からすると、100ドルで1万円だったものが、90ドルで交換できるようになった。つまり、円が安くなったということ)

 

逆に1万円で110ドルになったのであれば、これを円高といます。(より少ない円で、より多くのドルを購入できるようになりました。)

 

通貨はいつも上がったり下がったりしていて、為替レートもそれにつられて変わり続けているのです。いろいろな国が独自の通貨を発行していて、その価値はそれぞれ違います。だからこそ、為替レートは常に揺れ動いているのです。

それでは!

コメント