藤井聡太さんが小さい時に遊んでいたおもちゃ『キュボロ』で子供の脳を鍛えよう

キュボロ(Cuboro)とは?おもちゃ
本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

29連勝と、とてつもない記録を打ち立てた藤井聡太さん。

残念ながら30連勝はできませんでしたが、それでも連勝記録は歴代一位。そんな藤井聡太さんの年齢は、まだ14歳。

「頭の中どうなってるの?」と思うのも仕方のないことですよね笑。

今回の記事では、藤井聡太さんが小さい時によく遊んだおもちゃ『キュボロ』をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

キュボロ(Cuboro)とは?

キュボロの説明の前に、ちょこっと藤井聡太さんの話を。

5歳の時に祖父母から将棋の手ほどきを受け、将棋教室に通い始めた藤井聡太さん。そこからメキメキと力をつけ始めて、中学生で将棋のプロ入りをしました。単純計算で将棋を始めて9年でプロ入りです笑。

そして公式戦で初負けするまで29連勝・・・すごすぎる!

いや〜全国のおじいちゃんおばあちゃん、孫の才能を見つけるのは「あなた」かもしれませんよ(`・ω・´)”藤井聡太さんの詳細はウィキぺディアをどうぞ→藤井聡太

それではキュボロの話に移ります。

キュボロ(Cuboro)はスイスのキュボロ社によって開発された玩具で、木でできた立方体に溝が彫られており、これらを組み合わせてビー玉を上から落として下まで落ちる遊びをするものです。

藤井聡太さんは、将棋に出会う前の3歳ごろにキュボロで遊んでいたみたいです。ちなみに、今キュボロは予約殺到で、入荷待ち状態です。藤井聡太さん効果すごいですよね!

キュボロの動画をyoutubeより転載しておきます。(これはあまりにもすごいキュボロですが笑)

動画を見ると、子供の脳を鍛えるにはもってこいのおもちゃだとは思いませんか?

孫へのプレゼントはキュボロで決まり

孫へのプレゼントに悩んでいるおじいちゃん、おばあちゃん、プレゼントを『キュボロ』にしてみませんか。なかなかお値段がするので、子育てにいろいろとお金が必要な親御さんは買えないようなおもちゃだと思います。

だからこそ、おじいちゃんおばあちゃんが買ってあげるのがいいと思います。

頭を使うおもちゃなので、簡単なおもちゃに比べて飽きがこず、長く遊べるおもちゃだと思います。また、キュボロは簡単に壊れるようなおもちゃではなく、一番上の孫に買っておいたら、2番目の孫も遊ぶことができるので、そう考えるとすごく高いおもちゃとも言い切れません。

もし孫へのプレゼントのおもちゃで迷われているならば、キュボロを選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

今はスマホやタブレットなどのゲームばかりで、肌感覚を通して脳に刺激を与えることが少なくなってきています。だからこそキュボロのように、頭を使い、指を使い試行錯誤していくおもちゃは、子供の成長にとってすごくプラスになるものだと思います(`・ω・´)”

参考までに。それでは!

コメント