【気になる話】手にハーと息を吹きかけると温かいのに、フーと吹くと冷たい理由

手にハーと息を吹きかけると温かいのに、フーと吹くと冷たい理由 おもしろい
スポンサーリンク

このページでは「これってなんで?」な話を紹介したいと思います。

それでは早速。

「なぜ手にハーと息を吹きかけると温かいのに、フーと吹くと冷たいのでしょうか?」

考えてみてください〜。

下にすぐに答えを書いちゃいますので、ここでしっかりと頭を使ってみてください!

ぶたさん
ぶたさん

ほんまや!温度が違う!なんでや!

とりさん
とりさん

考えてみてね〜。

小さい子どもから高齢者の方々まで一緒になって考えれる“気になる話”だと思いますので、幼稚園・保育園・クイズ大会・デイサービス・老人ホームなどでもお使いください。

スポンサーリンク

周りの空気を巻き込むか巻き込まないかの違い

息は私たちの体温で温められているため温度は一定のはずです。しかし、息の吐き方によって、息に触れる部分の温度は違います。

その理由は、

フーっと吹くときは、ハーっと吐く時より、息の速度が速くなり、その分だけ周りの空気も巻き込んでいるからです。

ハーッと吐く時は、周りの空気を乱さないので、体温で温められた空気が伝わりやすいということです!

ぶたさん
ぶたさん

言われてみれば納得だわー。気がつけなかったよー。

とりさん
とりさん

考えるだけで頭の体操になるからいいんだよ!

おわりに

“気になる話”をお届けしました^^

気になる話のいいところは、子どもから高齢者まで一緒になって考えれるところです。ぜひぜひ、みんなで頭を使って考えてみてください!

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*興味深い話関連記事

コメント