先進国でいまだに黒板とチョークで授業しているのは日本だけ?

教育問題
スポンサーリンク

NewsBAR橋下が面白かたのでメモ。

>#70 ゲストに作家の乙武洋匡さんを迎えてアフターコロナの世界を考える!

スポンサーリンク

乙武さんは海外の学校にしばし視察に行くようでして、その経験からこのように言います。

先進国でいまだに黒板とチョークで授業しているのは日本ぐらい」と。で、乙武さんが「これいいですね」というと、皮肉なことに「え?これ日本製ですよ」と言われたそうです笑

 

「日本でもオンライン教育を!」みたいに話は、何度も出てきています。でも、毎度「できない子はどうするのか」みたいな反対意見が出てきて、できない子に合わせる教育が続いてきたと。

 

これに対して乙武さんはこう言います。「現場の教員の言い訳だ!」と。なぜかというと、オンライン教育こそできない子のためになるからです。データに残せば『どこが苦手なのか』が分かり、動画にすれば『何度でも復習』ができますからね。

 

橋下さんは、2008年ごろに中国に視察に行きました。その頃の中国はオンライン教育を導入したばかりだったのですが、いまやオンライン教育の先進国。10数年あれば教育現場を変えることはできるのです。でも、言い訳ばかりしてそれをおこなってきた日本の教育は、いまだに黒板とチョークと😢

 

本気出せばオンライン教育なんてすぐにできます。2020年の今だったらオンラインの教育動画なんて数えられないくらいありますし。コロナウィルス をきっかけに日本の教育が変わって欲しいですね。参考までに。それでは!

コメント