クレジットカードってなに?

クレジットカードとはお金の教育
スポンサーリンク

クレジットカードってなに?

その疑問に答えます。



クレジットカードとは、クレジットカード会社が発行するカードのことです。クレジットカードを使えば、お金を払わなくても、コンビニなどのお店でものを買うことができます。

クレジットカードをお店で使うと、レジの読み取り機で次の2つのことが起きます。

  1. このクレジットカードが使えるかどうか
  2. 買い物の代金がクレジットカードに記録される

クレジットカードで買い物をすると、一般的に、翌月に請求書が来て、銀行口座から自動でお金が引き落とされます。

スポンサーリンク

なぜ、翌月に請求が来るかというと、銀行口座からお金が支払われるまでは、クレジットカード会社がお金を立て替えているからです。例えば、1月7日にiPhoneを購入しクレジットカードで8万円を支払ったとしましょう。そして次の請求日(例えば2月7日)までは銀行口座からお金が引かれてないとします。つまり、その間はクレジットカード会社がiPhoneの代金を立て替えているのです。

 

クレジットカード会社がなんでそんなことをしているかというと、お店から手数料を回収しているからです。例えばiPhoneを7万円で購入したとしたら、7万円のうちの数パーセントがクレジットカード会社に入るような仕組みになっています。

 

なぜ多くの人がクレジットカードを利用するかというと、メリットが大きいからです。

  • クレジットカードを不正に利用されたとしても、クレジットカード会社が保証してくれる
  • 現金を持ち歩かなくてもいい
  • 海外でも使える

日本では「クレジットカードは危ない!」という認識がありますが、海外では逆で現金の方が危ないとされています。例えば、現金は盗まれたとしても、盗まれたという証拠を提示できません。(現金に名前を書くわけにもいきませんし)

それに現金は不特定多数の人が触るから、衛生上もあまりよろしくありません。

 

それでは!

コメント