頭の使い方

水泳で本当に頭が良くなるの!?鵜呑みにしてはダメな子育て情報

スイミングと学力

「東大生の6割が小学校時代にスイミング教室に通っていた!」

この言葉を聞いてどう思われますか?
「子どもをスイミングに通わせなきゃ!」って思ったお父さん・お母さん、ちょっと待ってください。相関関係と因果関係について理解できてないようなので、ここでしっかりと関係性を学んでおきましょう!

続きを読む

テストだけでなく人生でも必要な判断力とは何なのか?判断力の鍛え方

判断力を鍛える

過去の記事では『正しい方向を向いて勉強すること』、『観察力の鍛え方』、『抽象化能力』などを通して、学力を向上させることについて書いてきました。

今回の記事では、テストの得点を上げるための『判断力』についての記事になります。
いかに早く正確に問題を解くことができるかが、時間制限のあるテストでは必要になります。そのためには『判断力』が必要なんですね。
この力は勉強だけでなく、日常生活など、様々な場面で求められる力だと思うので、是非参考にしていただけたらと思います。

続きを読む

絶対に子どもに教えたい『抽象化能力』と視点の移動方法

抽象化能力と視点の移動

過去の記事で抽象化能力を高める方法については書いたことがあるので、今回の記事ではその『抽象化能力』をさらに高める方法について書いていきます。

抽象化能力をもう一段高いところで扱うためには、『視点を変えてモノを見る力』が必要になり、これができるようになるとさらに学力が上がっていくと思います。

続きを読む

子ども成績向上に必要な『観察力』とは?観察力の鍛え方。

成績向上のための観察力

知識じゃないのか?成績を上げるために必要なのは知識だろ!
そんな声を聞きそうなのですが、あえて言いましょう。成績、いや、学習で大切なのは『観察力』です。

もちろん知識も大切ですが、「覚えていれば」とか「知っていれば」とかで解ける問題って案外少ないのです。もちろん、小学生、中学生までは知識量がものを言うでしょうが、大学受験ともなれば、知識だけでは解決できない問題が多々あります。

と言うことで、今回の記事では『観察力』の重要性について書いていきたいと思います。

続きを読む

正しい方向を向いて勉強する方法と、学力の決め手となる抽象化能力を高める方法

勉強の正しい方法

どんなことを覚えるにしても、必ず段階があり、その段階を丁寧に踏んでいくことが大切です。
例えば、ピアノを弾くにしても、「譜面を読む」「右手を動かす」「左手を動かす」の段階を追う必要があります。
初心者が全部を一度にやろうとしても、汚い雑音が流れるだけだし、譜面だけ読んでも、音は一向に聞こえてきません。

前段階として簡単な曲で譜面を読む練習、右手を動かす練習、左手を動かす練習がピアノの上達には必要不可欠になります。
ピアノの例と同じように、勉強にも段階があり、適切な方法があります。

今回の記事は『勉強法』についてです。

続きを読む