教師

学校に行きたくない?今の時代、家でも勉強できるし行かなくてOK。スタディサプリで自学自習しよう!

学校だけが教育の場ではない

「学校に行きたくない」

子どもがそんなこと言い出したら、親としては不安だと思いますが、“無理やり学校に行かせるようなことをしてはダメ”なのがこれからの時代の教育だと思います。

不登校っていう言葉の響きがすごく悪いですが、学校に行くことが必ずしも『良い』とされる時代は終わったんですね。
ということで、この記事では「何のために学校に行く必要があるの?」を書いていきます。

続きを読む

ICT教育は教師からではなく生徒からの提案の方が重要!?

生徒からスタディサプリ の導入を学校に提案したら?

ICT教育、つまりネットと教育の融合が叫ばれています。

渋谷区では小・中学校にスタディサプリの導入を決めました。
しかし、行政というものはなかなか重い腰が上がらないので、ICT教育は他の先進国と比べて日本はまだまだだと思います。

それだったら、行政や学校に頼らず、生徒でやっちゃえば?

続きを読む

学校の教師が子供のいじめを隠蔽したがる理由

子供の自殺を防ぎたい

子供のいじめによる自殺が後を絶ちません。
しかも教師がそのいじめに気づいていたとしても、なんの手立てを打つことなく放っておくという残酷な事実もありました。
教師、教頭・校長、教育委員会は一体何をしてるんだ?と思いたくなるような管理体制だなぁと思うわけです。
ということで今回は子供のいじめの話について書いてきます。

続きを読む

教員免許なんていらなくない?何を保障しているものなのか

教員免許って 無駄じゃない?

学校の教師になるためには『教員免許』という国家資格が必要なのですが、この資格、取るの難しいのでしょうか?
最近ではダメ教師が増えているので、この教員免許が一体教師の何を保障しているのかが疑問視されています。
国家資格ということですから、普通は『教育のプロ』を保障しなくてはならないはずです。
しかし、本当にプロレベルのものを保障しているのでしょうか?
ということで、今回は『教員免許』の話になります。

続きを読む

学校に入学させる前に親なら読んでおくべき尾木ママの『教師格差』

教師格差

教師は忙しすぎて、自分の授業力を高めるために時間を割くことができないということは、このサイトで何度もお伝えしていることです。
だから、子を持つ親の皆様は、「教師って大変だなぁ」と思うと同時に「子供を教師に任せっきりではダメだ」と考えて行動しないとダメです。

さて、前置きは置いておいて、尾木ママこと尾木直樹さんの『教師格差 ダメ教師はなぜ増えるのか』を読んだので、メモに残そうと思います。
親の方々は、一度目を通しておくと良い本だと思いますよ!

続きを読む

【保護者向け】スタディサプリの登録の仕方についてご紹介します

スタディサプリ

「スタディサプリ始めてみたいんだけど・・・?」

子供にこのような相談をされたら二つ返事で「OK」と言ってあげましょう(`・ω・´)”
スタディサプリは月額980円(税抜き)でトップクラスの講師から国数英理社を学べる、破格の安さを誇るサービスになります。

このサイトでも幾度となくスタディサプリの良さをご紹介していますが、今回の記事では『スタディサプリの登録の仕方』についてご紹介したいと思います。(2週間は無料で試せるので子供のためにも是非登録してみてください)

続きを読む

教師の皆さんプライドはどこにいった?教師の英語力が国の目標に達せず

英語教師の英語力

2017年4月6日木曜日のNHK NEWS WEBで『先生の英語力 国の目標に達せず』という記事がありました。なんとも悲しいなぁと思いつつ、教師の皆さんも忙しすぎて自分の専門性に磨きをかける時間がないんだなぁと今の教育体制を残念に思います。かといって、大切な我が子を学校という場所に預けるのですから、いち納税者としてこれには黙っていられません。

続きを読む

教育関係者なら絶対に読んでおくべき中室牧子さんの『学力の経済学』

学力の経済学

中室牧子さんの『学力の経済学』を読んだことがあるでしょうか?

このサイトで何度も紹介しています本になります。
素晴らしい本だなぁと思うと同時に当たり前のこと書いてるなと思いました。
当たり前といっても、これは理系大学を出た人にとって当たり前なことだと思います。
どういうことかというと『データ』を大切にするということです。
主観を含まず、『データ』を注意深く読み取り、そこから次にどう行動するかを考えるのです。

物事の考え方についても非常に参考になる本だと思うので是非手にとってみてください。

続きを読む