現在完了形について理解を深めよう!

現在完了形 英語学習
スポンサーリンク

現在完了形って本当に意味がわからないんだけれど・・・継続用法とか経験用法とか・・・もうイヤ!

その疑問に答えます。

現在完了という時制が日本語にはないのがヤヤコシイところになります。「時間」と聞けば、誰もが同じように感じるものだと思うかもしれませんが、実を言うと、文化によって変わってきたりするのです。

英語には英語圏なりの時間の感覚というやつがあるのです。

スポンサーリンク

過去と現在をつなぐものが現在完了形

例えば、以下の2つの文のイメージがつくでしょうか?

  1. I live in Tokyo.
  2. I lived in Tokyo Three years ago.

上の文は「東京に住んでるよー」とイメージで、下の文は「3年前に東京に住んでたよー(今はもう東京に住んでいない)」というイメージです。

 

それでは、「3年間、東京に住み続けている」という場合、英語ではどうすれればいいのでしょうか?そういうときに現在完了を使うのです!

I have lived in Tokyo for three years.

これで3年間ずっと住んでいるというイメージを英語で表現することができました。こういうときに、現在完了形(have + p.p.)を使うのですな。ちなみに、p.p.は『past participle(過去分詞)』の略になります。

p.p.(過去の状態)をhaveしている

have + p.p.は、『過去の状態を持っている』というイメージになります。つまり、過去の情報を現在も持ち続けている、という感じですね。

現在完了の3つの用法は無視していい

中学生で、現在完了形の3つを習います。

  • 継続:今までずっと〜している
  • 完了・結果:ちょうどいま〜したところだ
  • 経験:いままでに〜した経験がある

英語の授業なのに、日本語で理解しようとさせるからヤヤコシくなるんですな。理解できなければ、もうこれは無視していいでしょう。理解できないのに理解させようと無理やりするから余計に英語が嫌いになってしまうのです。

 

英語はイメージで覚えていきましょう。現在完了は『過去から現在へと続いてるんだ』というイメージで覚えていきましょう!

 

以上、現在完了形の説明でした。それでは!

当サイトの知識は主にこの参考書をから得ています。

薄いのが魅力なポレポレ英文読解!簡単なものから難しい問題まであります。薄い分、説明は物足りないかもしれません。ある程度英語が読める人向け。

同じく西きょうじ先生の英語の参考書。

代ゼミの富田一彦先生の参考書。目からウロコの本かと思います。「こんな英文読解法があるのか!」と驚きましたねぇ。

代ゼミの仲本先生の英文法倶楽部。文章がラフで読みやすいです。オススメの英文法の参考書になります。

1から英文法を学んでいきたいならこの本かなーと思います。分厚い分、内容がぎっしりと詰まっております。

スタディサプリの超人気英語講師の関正生先生の世界一わかりやすいシリーズは本当に読みやすいです。「英語なんて嫌いじゃ!」という方にオススメ。

 

 

コメント