これからの子どもの教育

学校に行きたくない?今の時代、家でも勉強できるし行かなくてOK。スタディサプリで自学自習しよう!

学校だけが教育の場ではない

「学校に行きたくない」

子どもがそんなこと言い出したら、親としては不安だと思いますが、“無理やり学校に行かせるようなことをしてはダメ”なのがこれからの時代の教育だと思います。

不登校っていう言葉の響きがすごく悪いですが、学校に行くことが必ずしも『良い』とされる時代は終わったんですね。
ということで、この記事では「何のために学校に行く必要があるの?」を書いていきます。

続きを読む

『受験勉強をしなければいけない本当の理由』を読んで

やる気が高まる! 受験勉強をしなければいけない本当の理由

スタディサプリ英語講師の関正生先生と、社会科講師の伊藤賀一先生の共著『受験勉強をしなければならない本当の理由』を読みました。

受験のプロから「受験勉強をする意味とは?」を学んでみて、思うことが多々あったので、備忘録的に記事に残します。

続きを読む

ICT教育は教師からではなく生徒からの提案の方が重要!?

生徒からスタディサプリ の導入を学校に提案したら?

ICT教育、つまりネットと教育の融合が叫ばれています。

渋谷区では小・中学校にスタディサプリの導入を決めました。
しかし、行政というものはなかなか重い腰が上がらないので、ICT教育は他の先進国と比べて日本はまだまだだと思います。

それだったら、行政や学校に頼らず、生徒でやっちゃえば?

続きを読む

学力向上のために始業時間は遅らせるべき?

始業時間を遅らせると、 学力が向上する?

10代の子供達の睡眠時間の低下から、アメリカの小児科学会が始業時間を遅らせることを呼びかけているとか。

確かに、中学・高校ともなれば夜更かしをし出す頃ですよね。
遅く寝るけど、早く起きて学校に行くメリットはなんなのかちょっと疑問だったりします。
まぁ先生的には遅くなりすぎるのも嫌でしょうけど、10時ごろだったら、通勤・通学ラッシュも避けれるのでメリットばかりのような気がします。

続きを読む

学校の教師が子供のいじめを隠蔽したがる理由

子供の自殺を防ぎたい

子供のいじめによる自殺が後を絶ちません。
しかも教師がそのいじめに気づいていたとしても、なんの手立てを打つことなく放っておくという残酷な事実もありました。
教師、教頭・校長、教育委員会は一体何をしてるんだ?と思いたくなるような管理体制だなぁと思うわけです。
ということで今回は子供のいじめの話について書いてきます。

続きを読む